税理士の学歴

2015年12月25日

税理士の学歴

よくある質問に
「税理士の学歴はどれくらいですか?」
というのがあります。

国税庁のホームページによると
第65回税理士試験合格者 835名のうち
 ・大学在・卒      634名(80.7.%)
 ・短大卒         20名(2.4%)
 ・専門卒         69名(8.3%)
 ・高校卒         61名(7.3%)
 ・その他         11名(1.3%)
となっており、実際に友人を見ても、
中央、日大、明治、早稲田といった中堅大学卒が多いという印象です。

高校卒・専門卒は、若くして勉強を始めておられる方が多いですね。

なお、税務署出身の方は、
最近は大卒者(「国税専門官」)出身が多いですが、
以前は、高卒で経済的に余裕のない優秀な方を選抜していた時代があり
今のOB税理士がその頃の方なので高卒の方が多いです。

税理士法人TOTALでもOBの税理士(その方は大卒ですが)に手伝っていただいています。

=============
<税理士の学歴に関する注意点>

早稲田大学、慶応大学、中央大学、関西大学
大学院法学研究科補佐人研修 修了
とあったら、
税理士なら誰でも受講できる研修を受講したということで
学歴」とは全く関係ありません
(学歴誤認を誘導しようという意図を感じてしまいます)

私も、東京大学大学院のオープン講座でも受けてみようかな。
オープンキャンパスを学歴扱いはさすがにみっともないですね。

それよりは、大学院入試は学部よりもだいぶ広き門ですし、
60代半ばで暇になったら、東京大学大学院で、心理学、哲学、宗教など、実務にあまり役に立たない学問を学んでみようかな。
(実は私の夢だったりします)

大学院での学歴ロンダリングかぁ。
ちょっとカッコ悪いですが、東大法学部コンプレックスが私にはいまだにあるようです。
=============



税理士法人TOTALの場合、
試験組税理士(有資格者を含む)は
東京大学、一橋大学、早稲田大学、慶応義塾大学、立教大学、明治大学、中央大学、法政大学、高校卒等です。

スタッフは
東京大学(院)、名古屋大学、大阪大学、早稲田大学(院)、慶応義塾大学、筑波大学、東北大学、千葉大学、お茶の水女子大、上智大学、明治大学、立教大学、青山学院大学、法政大学、学習院大学、日本大学、獨協大学、東洋大学、東北福祉大学、多摩美術大学、武蔵野美術大学、
その他大学、短期大学、各種学校・高校です。

なお、当税理士法人は
会計事務所経験、職歴、経験、人柄、資格も同じように高く評価しており
学歴は採用・昇進の条件にはしていません。

このため、高校卒や専門学校卒の方にも
マネジメント業務をしていただいていますし
パートナー(社員。一般企業でいう役員)・本部長も、部門を背負ってくれている人もいます。
学歴と仕事の相関性は特にありません。

当税理士法人に学閥はありません。
私は早大卒ですが、残念ながら?稲門を特にひいきすることはありません。
(卒業生が多いので結果として稲門は多いですが)

男女差別と言う声が聞こえてきそうですが
男性社員には全員に資格者になってもらいたいと思っています。
このため採用基準は標準的な税理士になれるかどうかです。
女性は家庭との両立を考え、試験より「経験」や「人柄」を重視して採用しています。

税理士法人TOTALは基本的にはポテンシャル採用なので
未経験者も積極的に採用しますが
会計事務所経験者の採用はより積極的です。
5年以上の会計事務所経験者の方は
学歴にかかわらず皆さん優秀ですね。
長くがんばれたということが能力の証明です。

ご応募 お待ちしています。

zeirisisyusyoku at 00:08コメント(0) この記事をクリップ!

2015年09月20日

税理士試験の選択科目と専門学校卒の出世

税理士事務所し 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

ご質問はここをクリック

イエス様からのお問合せです。
■年 齢  20才
■性 別  男
■資 格  日商簿記1級 
■職 歴  なし
■学 歴  専門学生(4年制)
■会計事務所経験 なし
■居住地  関東

はじめまして。
いつも拝見させていただいております

私は今回始めての税理士試験ということで簿記論・財務諸表論を受けました。
そして、9月からは法人税法と消費税法の2科目を勉強します。

それで、あと1つの科目について何を選択しようか迷っている最中です。

Q.1
受験科目の選択の際に、
(1)実務との関連性を考えて所得税法や相続税法をとるか
(2)はやく税理士試験を突破することを目的にいわゆるミニ税法を受けてでもはやく合格をするか
どちらがよいのでしょうか?

私自身は、ミニ税法を受けてはやく税理士試験を突破し、それ以後に必要な科目については勉強するのがよいのではないと考えています。
理由は、税理士の資格をとらないと賃金が安いままというのと、はやく試験に受かってしまえばメンタル的にも楽なのではと思ったからです。
もちろんミニ税法=簡単というわけではないのも重々承知です。

Q.2
私は将来、税理士法人で働きたいと思っております。
その際に
(1)取得した税法科目により法人内での役職、立場には影響などはありますか?
(2)専門学校卒の人間でもマネージャーのような役職につくことは可能なのでしょうか?

浅はかな知識しかないため、間違ったことを言っているかもしれませんが、
どうかアドバイスをお願いします

A.1
簿財受験後に、法人税法と消費税法を受験するのは一般的ですよね。
最後の一科目は意見が分かれます。

もちろん、イエス様の意見は一理あります。
5科目受験時20代後半以上なら、私もその方が良い人もおられると思います。

イエス様の場合、私の意見は(2)です。
受験が一巡する時点でも22歳ですよね。仮に受験で数年余計にかかっても、25歳前後で官報合格になります。
あまり若いと独立はしにくいし、科目によって行ける事務所・できる仕事も若干だけですが変わってきます(A.2参照)。

3科目持ち以上で就職するなら、独身ならたいして生活には困らない給与水準でしょう。
不合格になった科目は時間をかけた分、後になっても忘れにくくなります。実務で必要ないミニ税法を受けるくらいなら、主要科目を受けた方がかえってロスがありません。
急がば回れ」です。

それに昔から
若い時の苦労は買ってでもせよ
と言うではありませんか。
若い頃の苦労や失敗を乗り越えた経験は、自分を鍛え上げるのに役立ち、大きく成長するための大いなる財産です。
苦労を経験せずに、上手に楽に立ちまわろうとすると、その分、小さくまとまった人物になりかねません。

私自身を振り返っても、10代、20代の努力や病気による苦労、30代前半の受験のつらさが、今でも生きていると感じています。

ただし、結婚予定が20代前半にある場合は、家庭を持つことにより時間的・経済的に制約を受けるので、(1)の方が良いと思います。

追記) 所得税法と相続税法では、
・医療系を目指す場合以外は、相続税法が実務的には役に立ちます。
・合格への難易度でいうと、法人税法が仕上がっていれば重複する部分が多い所得税法の方がやや楽かもしれません。

A.2
(1)取得科目は役職、立場への影響はほぼありません。
ただし、資産税業務をやる場合は、相続税法合格者の方が採用されやすいし、仕事も振られやすいでしょう。
もっとも、入社後に合格者レベルの勉強をし、そのことをアピールできればその差はカバーできるでしょう。

(2)専門学校卒の人間が出世で差別されるかは税理士法人によります。
BIG4(4大税理士法人)や、公認会計士がトップの場合にみられる上場・外資関連や金融機関のお客様を多く持つ税理士法人は残念ながら、マネージャーになれるかはもちろん、入社時にも差はあると思います。

外資系は、実力主義・成果主義と言いながら、一方でMBAを中心として学歴で差別があることでも有名です。
外資系コンサルなどは、東大・京大・一橋・東工+早慶の上位学部以外ほとんどおらず、出身高校も見られたりするのです。
クライアントである外資系企業や、上場関連企業は相手方の担当者も高い学歴になります。
金融機関の支店長や担当者と話す際に学歴は結構話題にのぼります。
税理士法人のスタッフを紹介する際にそれに見合う学歴が当然に要求されるのです。
最近では、会計業界は売り手市場で専門学校卒の方もそういう税理士法人に入社できるチャンスは増えていると思います。
それでも、営業力が求められるマネージャー以上の役職になるのは容易ではありません。BIG4のプロパーの幹部には専門卒は誰もいないかもしれません。

それ以外の税理士法人は、トップの考え方によります。
高学歴者優先の事務所も一部にありますが
同族の中小・中堅企業のお客様が中心の多くの税理士法人は、専門学校卒でもマネージャーやさらにその上のパートナーになることも可能です。
実際、同族オーナー社長は、いわゆる高学歴の理屈っぽくてスノッブ(俗物的)な人が嫌いな方も多く、自分に近いたたき上げの苦労人を好む傾向が見られます。
若くから努力した専門学校卒の税理士のうち、営業やマネジメントに向いている方は出世することも多いでしょう。

=============
税理士法人TOTALでは、
(1)資産税業務は相続税法受験経験者優先で行ってもらっています。
相続税法受験未経験者で資産税業務希望者には、専門学校に通ってもらったりしていただいています。

(2)専門学校卒の方もマネージャーはもちろん、パートナーにもなってもらっています。
実際、私を含めて10人のパートナー(役員)・本部長のうち2名が専門学校卒です。
税理士の学歴」によると専門卒は8.5%(第63回税理士試験)、高校卒と合わせても14.2%ですから、税理士法人TOTAL(20%)はそれ以上になります。
お二人とも20代前半から会計業界でキャリアを積まれた優秀な方で、もちろん特に優遇したわけではありません。
税理士法人TOTALは、学歴に関係なく、マネジメントや営業の実力でマネージャーやパートナーを選んでいます。
=============



※なお、この件に関するコメントは下記のコメント欄をご利用ください。


新規のご質問はここをクリック してください。
インターネットで顔が見えない方に適切な回答をするために、 質問の書式にご協力いただけると幸いです。 情報が不足する場合には回答できないことがあることはご留意ください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら



記事の無断コピーや一部利用は著作権侵害で違法です。
記事を商業利用するには、高橋寿克の事前の明示許諾が必要です。
商業利用(おまとめサイト等を含む)は原則として有料になります。
利用料の金額等、詳しくは税理士法人TOTALまでお問い合わせください。

また、違法なコピーを発見した方は通報いただけると幸いです。

zeirisisyusyoku at 01:07コメント(2) この記事をクリップ!

2014年08月30日

税理士事務所の学歴と労働時間

税理士事務所 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

9月の千葉出店・10月の田無出店が正式に決まりました。
本日は、この後、スタッフの結婚式です。
税理士法人TOTAL入社後、仕事と勉強を両立し、税理士試験に合格した苦労人で、今回の出店の主力メンバーでもあります。

新しい門出に幸多かれ!

(実は私は結婚式のスピーチが苦手でちょっと頭が痛いのですが)

ご質問はここをクリック

香代子様からのご質問です。

■年齢 28歳
■性別 女性
■資格 簿記1級  昨年 消費税法合格 
        今年度 法人税法受験済
■職歴 銀行(6年間)
     その後転職し、会計事務所に半年勤務。
■学歴 東京大学or京都大学
■会計事務所経験 半年(所員8名)
     知人の紹介により入所
    (その知人は現在の会計事務所職員)
■居住地 大阪 一人暮らし

ご多忙の折、申し訳ございません。御相談させてください。

 大学卒業後、銀行に勤めておりましたが、税理士を志望し会計事務所へ転職しました。昨年は、銀行に勤めながら消費税法勉強して合格しましたが、今年受験した法人税法については、感覚的には合格しているかどうか微妙です。
 
 半年前に、知人の紹介により現在の会計事務所へ入所しました。まだ1科目しか合格していなかったため不安がありましたが、ほぼ残業がないこと、資格学校に通えること等を確認し、入所しました。ただ、現実的には毎日残業(21〜22時迄)があり、休日出勤もあるような状態です。

 事務所からは、今後担当を増やしていくことや、銀行員時代の人脈を生かして営業することを期待されています。しかし、自分の性格、集中力を考えると、1年間勉強に専念するか、仕事はアルバイト程度に抑える程度にして、資格取得を優先させたいと考えております。

Q.
 そこで御相談なのですが、1年間専念(もしくはアルバイト)後、再びいずれかの会計事務所に採用してもらえる可能性はあるでしょうか。  
自分の判断の甘さで会計事務所に入所し、すぐに辞めてしまうのは恐縮ですし、実務経験がほとんど無いので、難しいのではないかと不安に思っています。 

ご意見いただけると幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。

A.
心配しすぎです。余裕で内定が出ます。次は、よりじっくりと勤務する会計事務所を選びましょう。

今年(平成26年 第64回)の税理士試験の法人税法が極端に難しかったようですね。
(「問題が悪い」という声もちらほら)
せっかく頑張ったのに手ごたえが感じられなかった方も多いのではないでしょうか。
こういう年は、合格ラインも読みにくいので、無駄に過ぎたことを考え込んだりせずに、今後に向けて人よりも先んじるように努力したいものです。
もっとも、「そんなに上手に切り替えできないよ」という声が聞こえてきそうですが。

(1)学歴の話

・クリニック開院予定のドクター(採用の話の際)
「気が利かない人は嫌だなあ、頭が良い人が良い」

・60過ぎの慶応大学卒の中堅税理士法人代表
「高橋先生の所は良いよな。俺なんて、早慶卒が来たら全員採用しちゃう」(おいおい)

・とある公認会計士の奥様
「〇〇さんは、知的レベルが高いから、仕事を任せて安心です」

コンピューターが普及する前は、商業学校を出た、作業が得意な経理・会計事務所経験者が重宝されました。
最近では、税理士法人化、組織化が進み、作業者と巡回監査担当者が分かれ、一定の学力がある方が有利になってきました。

その中でも東京大学or京都大学は最高峰ですから有利です。しっかりした税理士法人ほど、一般企業と同じように学歴は見るはずです。

学歴は、中学・高校時代、どれだけ真面目に勉強をしたか、勉強ができたか
言い換えると
仕事に重要な勤勉さや機転の証明にはなります。

参照) 「税理士の学歴

もちろん、コミュニケーション能力、社会への適応力等も見られますが、銀行勤務6年なら全く問題ないでしょう。
学歴・職歴とも最高レベルで、試験勉強も実務寄りの法人税法・消費税法です。外部環境も近年にない売り手市場です。
採用されない理由が浮かびません。

ただ、所長がいわゆる「低学歴」だと、コンプレックスで不当に低く評価されるケースもあるかもしれません。
あとは、最近増えている、
(1)自分の頭で考えない、会社の方針に染めやすい人を求めている事務所や、
(2)熱血営業マンタイプを求めている事務所
では採用されにくいかもしれません。

====================
税理士法人TOTALは東京大学卒の方は3名在籍していますが、京都大学卒の方はおられません。
この辺を書きすぎると、うちは学歴で採用していると思われるかもしれませんが、東大卒でも不採用にすることは珍しくありません(残念ですが、コミュニケーション・社会性に難があるケースが見られます)。学閥も縁故採用もないので、開成や早稲田卒でも特に優遇はありません。
そういえば、最近は関西をはじめ全国からご応募いただいており、たくさんの方を採用しています。
(ここで関西の銀行出身の方も採用させていただきました)

学歴が低くても、仕事を真面目にしてくれる人、仕事ができる人をたくさん採用しています。
会計事務所経験、職歴、人柄、資格も同じように高く評価しており、学歴は採用・昇進の条件にはしていません。
幹部登用も、パートナー・本部長を含めて実力や適性を見て行っています。
税理士法人TOTALの代表社員・本部長一覧
高校卒、専門学校卒、商業高校卒の方も、幹部を含めてたくさんおられます。
====================

(2)税理士事務所の労働時間
会計事務所は、特別残業時間が多い業界ではありません。
残業時間が多いのは、若手の所長や大手の税理士法人など一部に限られます。

詳しくは「税理士事務所・会計事務所の労働時間」へ

ただ、正社員なら
  閑散期 : 午前9時〜午後6時半・7時 
  繁忙期 : 午前9時〜午後9時くらい
閑散期はヒマなので、定時が終わると順次帰って、繁忙期は残業が普通だけれど、10時前にはほとんど帰れる。
このタイプの事務所が多くなります。
税理士業界は、他産業と比べても労働時間はやや短い方でしょう。
それでも年末調整・確定申告・3月決算があり、季節労働者的に繁忙期が忙しくなります。

以前、銀行員というと「残業の嵐」でした。
(その分、給与は今と比べてすごく高かったのですが)
昔、まだ勤務していた頃、20時に駅でバッタリお会いして
   私  :「今日は遅いですね」(私は普段は18時半)
 銀行員:「今日は特別に早いんです」(普段は23時)
なんて会話をした覚えがあります。
あの頃、銀行員は7時出社、23時退社で「セブンイレブン」なんて言われていました。

最近では、労働基準監督署が入って、コンプライアンスの問題もあり、都市銀行はかなり残業が減っています。
地銀も労基に入られた順番で残業が減っています。
女性は7時には帰り始めるとお聞きしています。
(銀行は 女性 午前7時半〜午後7時、7時半
男性 午前7時、7時半〜午後8時、8時半 くらい
男女とも午後9時時には遅くとも退行) 

都市銀行から転職すると
(実は労働時間は朝が早い分、今でも税理士事務所よりも平均すれば長いですが)
「税理士事務所は終わりが遅い」と感じられると思います。
繁忙期から働き始めているのでなおさらでしょう。

もっとも、当初の話と違っており、なおかつ、さらに仕事の量や責任が増えそうなので、受験を考えると退職もやむをえません。

何でもそろった条件が良い「理想の職場」は残念ながらないでしょう。何かを犠牲にして選んで行く方が現実的です。
香代子様は、おそらく、中途半端にアルバイトするより1年間受験に専念した方が良いタイプではないかと思います。

当分の間、税理士業界は空前の売り手市場です。1年後も、アルバイトでも正社員でも気に入った事務所を選びやすい状況でしょう。
次は、自分が何をしたいのかを考えて、じっくりと勤務する会計事務所を選びましょう。

====================
そういえば、ここで、20代半ばの女性受験生を採用しました。
前職は「普通の税理士事務所」だとお見受けしましたが、担当を25件くらい持ち、時間は上記くらいです。在職中は科目合格できませんでした。
今回の転職に当たり、税理士法人TOTALでは残業はあまりしない、担当は原則として持たせないかわりに給料は下がるという条件になりました。もったいない気もしますが、本人の優先事項が税理士試験合格と家庭との両立にあったからです。
それでもかなり大変だと思います。がんばってください。
====================




※なお、この件に関するコメントは下記のコメント欄をご利用ください。

新規のご質問はここをクリック してください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

zeirisisyusyoku at 11:54コメント(1) この記事をクリップ!

2012年04月29日

旧帝大卒、メガバンクからの転職

税理士事務所・会計事務所の就職情報
税理士 高橋寿克です。

ひろし様よりの質問です。
■年 齢  26歳
■性 別  男性
■資 格  簿記2級 簿記論A判定
■職 歴  メガバンク1年→外資系商社経理2年
■学 歴  旧帝大理系。一留
■会計事務所経験 なし
■居住地 大阪
■その他 現在、週20時間程度の勉強時間、
       試験への理解もない職場です。
      親元で生活すれば2年程度は貯金がもちます。

新卒で入った銀行で、融資を引き上げたお客様が自殺をしてしまうという事案を間近で見て、銀行という仕事が恐ろしくなり逃げるように早期退職してしまいました。
その後何かしら専門性を身につけられる仕事に就きたいと考え、銀行で学んだ簿記が面白かったことから経理職に就職しました。
この時すでに税理士という目標も持っていましたが、「税理士になるにしても一度は経理職を経験したほうがいいのではないか?」「もし税理士になれなかったときに「経理経験がある」というのは転職市場で武器になるのではないか」と思い、税理士事務所への就職はしませんでした。

しかし、年齢を考えたときに、今の環境で長く勉強するよりは早く税理士事務所に就職したほうがよいのではないかとも考えるようになりました。

Q.1
今後のキャリアを考えたとき
〇間をかけてある程度科目が揃うまで現在の企業で仕事を続ける
∩瓩っ奮で税理士事務所に就職する
2年ほど受験に専念をし、3〜4科目程度そろえた上で税理士事務所に就職する

というプランの中でどれを選択すべきでしょうか?

Q.2
すぐに転職をする場合、短期間の転職が2度も続くことになってしまいますが、こちらは税理士事務所の採用においてどのくらい不利になるでしょうか?

どうかよろしくお願いいたします。

A.1
税理士は、経営者にとって数少ない相談相手なので
お客様の自殺があると、他に何か方法がなかったのか、悩みます。
銀行の場合は、自殺の引き金を直接ひくだけに、お客様の自殺はよりショッキングですよね。

経理職としてサラリーマンを続けるのか、
税理士として専門職になるのか
この是非は私にはわからないので、税理士になることだけを念頭に意見を書きます。

税理士になるなら、早めに受験に専念することをお勧めします。
旧帝大理系卒なら、頭脳は優秀だと思います。
だから、働きながらでもと思うでしょうが、簿記論(算数の延長)以外は、
頭脳のキレはほとんど関係ありません。
大学受験に比べると、努力してきちんと覚えたか、書き・処理するスピードが速いかを判断する試験です(実務家登用試験としては、これは重要なのです)。
後に行けばいくほど、この点がわからないと苦労することになります。
働きながら受験するのは間違いなく不利です。

私の場合、東大受験には色々あって失敗しましたが、頭脳に過信があって税理士試験にはだいぶてこずりました。それだけに私のおすすめは、ですね。

2年程度専念できれば、3科目プラスαまでひろし様ならいける可能性があります。
(最良なら官報も)
そうすれば、中堅事務所に選ばれる可能性が高くなります。
最初の会計事務所の選択が、その後の会計人人生に大きく影響します。

なお、大学院に行くつもりなら、専念は1年でも良いかもしれません。


A.2
短期間で2回の転職はもちろん、ややマイナス評価です。
ただ、税理士事務所の求職者は、ピカピカのキャリアステップの人は少ないので
ひろし様の、旧帝、メガバンクという経歴だけで十分有利な状況なのでそれほど心配しないでいいと思います。

現在、中堅の会計事務所では税理士試験3科目持ちクラスが不足しています。
(公認会計士試験論文式合格者の採用はあまりうまくいっていません)
そのギャップのピークは2年後くらいだと思います。
ですから、ちょうとひろし様の就職時期は、求職者が有利になるような気がします。

========================
税理士法人TOTALでも、船橋本部はお客様の急増に伴い中堅人材が不足しており、転居を伴う求人募集を積極的に行うことになりました。遠方の方もご応募お待ちしています。
========================

zeirisisyusyoku at 19:39コメント(1) この記事をクリップ!
Profile
自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・借入相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

■ 東京本部(秋葉原駅)
TEL 03-5577-5065
■ 新宿本部(新宿三丁目駅)
TEL 03-6380-0839
■ 横浜本部(横浜駅)
TEL 045-900-9031
■ さいたま本部(大宮駅)
TEL 048-606-9040
■ 立川本部(立川駅)
TEL 042-508-9008
■ 西東京本部(田無駅)
TEL 042-464-8390
■ 船橋駅前本部(船橋駅)
TEL 047-770-9000
■ 船橋塚田本部(塚田駅)
TEL 047-438-3001


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALの求人情報については
詳しくは当社HPで
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索
最新トラックバック