2016年02月27日

開業医の妻と税理士事務所への転職

税理士事務所 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

新たなご質問はここをクリック

ぶるー様からのお問合せです。
■年齢 25歳
■性別 女 
■資格 簿記3級、通関士試験
     消費税法・国税徴収法を今年受験予定
■職歴 アパレル販売員(アルバイト)5年
     昨年秋に転職し、現在は中小企業で経理・事務
■学歴 MARCH
■会計事務所経験 無し
■居住地 東京

初めまして。
税理士業界のことについて調べておりましたら、このページに辿り着きました。

私が税理士を受験してみようと思い立ったのは去年の暮れです。
簿記の知識もほとんどなかったため、予備校の1月開講で無理なく受験できそうな、消費税法と国税徴収法を選択しました。
夏にこの2つを受験し、9月から簿財の勉強をするつもりです。

私は独立思考もありませんし、大きい法人でバリバリ働きたいというわけでもありません。

しかし、将来開業医を継ぐことになる男性との結婚が決まり、何か役に立つことを勉強したいなと思った次第です。

また、身内に会社を経営している者がおり、(現在はそこの経理をお手伝いしています)そこにも役立つかなと思ったので勉強しています。

しかし、勉強して官報を目指すからには、やはり税理士登録をしたいと思うのですが、現状、実務経験がありません。

また、大学卒業後、アルバイトをしつつ親の経営する事業を手伝っていたりした関係で、正社員として企業に就職した経験もありません。

通関士資格も持っていますが、こちらも実務経験はないのでプラス材料にはならないかと思います。

Q.1
このような状況で、私が目指せる税理士事務所はどのようなところになるでしょうか。

Q.2
今のところ、来年の夏に簿財を受験してからの転職を考えておりますが
、(消国受験だけでは就職も不利だと思いますし、とりあえずは勉強に専念したいので)
この点に関してはどうお考えでしょうか。

長くなりましたが、アドバイスいただけたらと思います。
よろしくお願いいたします。

A.1
ぶるー様の場合、
開業医の妻という立場になります。
そのことを念頭に文章を書いてみます。

税理士は、色々な産業を見ます。私は現在も数百社の決算打ち合わせを担当していますし、それ以外の会社・事業所の数値をチェックしています。
また、国税庁のデータにも目を通すようにしています。

その中で、開業医はすべての産業中、もっとも安定して高額所得です。
40歳前後で開業して3年もすれば、所得2000万円以上の人ばかりになります。
落ち着くと青色事業専従者給与と合わせて5000万円近く稼ぐ人が増えて、節税のために医療法人成りします。
人(医者)を使えて、分院を作ったり、大きな病院にすると法人所得と合わせて1億円以上稼ぐ方もでてきます。

これだけ高額所得なら、医者を目指す人が増えます。
(個人的には、理数系の頭脳があまりにも多く医師を目指す風潮は社会的な損失だし、研究者・エンジニア・官僚等
社会の発展に貢献できる仕事もあるように思いますが)
そうすると難易度は上がり、
関東の国立の医学部は、東大よりも難関のところもあるし、
地方の国立大学でも東大に準ずるレベル、
以前はお金さえ出せれば幅広く入れた下位の私立医大でも今では早慶の下位学部よりは難しくなっています。
寄付金を積んでも補欠でさえもなかなか合格しません。
私立と国立ではかかる金額も違い、大学6年間だけでも下位私大なら4000万円かかるでしょう。
地方国立なら、私大より学費が安いので合格祝いに大学近くの駅前にマンションを買う医師家庭も多いです。

また、私立・国立のいわゆる名門中高一貫校出身者の占める比率が高く、
東京大学で医学部に進学する理科三類にいたっては
出身高校は灘、開成、筑波大学附属駒場、桜蔭の4校だけで全体の半分
2名以上の合格者を出しているのは、すべて私立・国立中高一貫校になります。
普通に高校受験で都立、県立の高校を受験していては、天才かよほど意志の強い秀才以外は、東大医学部には入れません。
(地方国立医学部は、地域枠の推薦・優遇がありそこまで大変ではありません)

こうなると確実に名門中高一貫校に入学するための早期教育が発達し、幼児期からの英才教育をしているママも多く、
(東大理靴忙或佑了劼鮃膤覆気擦榛監ママは、幼児期に絵本を1万冊! 読み聞かせをしたそうです)
都内なら、場合によっては私立小学校の受験も視野に入ってきます。

多くのドクターは小さいころから勉強をしてきていますし、医者はみんな勉強ができるのです。
開業医のご家庭なら、このことを当然の前提として
奥様は、お子さんを医学部に合格させることがもっとも求められます。

このため、開業医の奥様は専業主婦率が極めて高く、お金のために働くことはほぼありません。
ぶるー様の親や身内の会社経営者の方は、おそらく趣味が仕事で、働き者の方が多いことと思います。
違和感があるかもしれませんが、子供の教育・管理が開業医の妻の仕事だとも言えます。
もっとも開業医の奥様は、聡明な女性も多く、
子育てが落ち着いてくると、
クリニック、病院の経営をお手伝いする方が増えてきます。
そのときには、お金まわりに明るいことは役に立つでしょう。

目指せる税理士事務所」ですか。
心配しなくても、税理士業界は人不足です。
MARCH卒、接客経験があるおしゃれな科目合格者を欲しい事務所は多いと思います。
給与水準さえこだわらなければ就職は問題ないでしょう。
(税理士法人TOTALでも欲しいタイプかもしれません。)

むしろ、ぶるー様が「目指すべき税理士事務所」は
(1)医療関連に比較的強い
 (身内のことを考えると、医療専門ではない方が良いのでしょう)
(2)住所地か住む予定のところに近く
(3)受験に理解があるか時短も認めてくれる
税理士法人でしょう。

医療関連は、特殊性が強くブランド力も必要なため、特定の会計事務所にお客様が集中しています。
(所長が高学歴か、医療関連の人脈があるかなど)
実際にどれくらいの数の医療関連のお客様の顧問をしているかを確認する必要があります。

=============
税理士法人TOTALは、代表社員二人が開成高校出身で、医療系に強いです。
医療系の専門チームを持ち、
開業支援だけでも、昨年は20クリニックの開院をお手伝いしました。
医療法人成り、労務手続き、給与計算、各種届出など、会計税務にとどまらず、TOTALグループで、バックオフィスのサポートを行っています。

参考)
医者と進学校 (中学受験は大変です)
=============

A.2
医師のご家庭では、「医師」という「資格」を評価します。
このため、親族も医師が多く、それ以外では「弁護士」なども見られます。
資格者という意味では「税理士」もそれに準ずるのでしょう。

ぶるー様は、税理士という「資格」の取得を優先しようとお考えなのでしょうか。

国税徴収法と消費税法ですか
早めの合格という意味では間違っていませんが
残念ですが開業医に一番縁のない税法科目です。

国税徴収法は滞納処分の際に使う法律です。
「つぶクリ」という言葉は、なかなかクリニックはつぶれないから存在するわけです。
(税理士法人TOTALのお客さまでは、高齢以外には廃業した医師はおられません)

消費税法も、社会保険診療が消費税非課税のため、
自由診療や大規模病院でないとあまり出てきません。

ご結婚が近いなら、
子供は授かりものです。
いつ産まれるかはわかりません。
子育てが始まると子供の教育が生活の中心になるので、
ゆっくり会計事務所で働き続けることはないような気がします。
資格取得のために実務経験を積むなら、むしろ出産前の今しかないかもしれません。

むしろ、夏には就職活動をすることをお勧めします。
医療系に強い事務所なら、他のクリニックや病院の経営を見ることもできますし、
医師との接し方を裏側から学ぶこともできます。
医療系専門の会計事務所での勤務経験は、医師の親戚付き合いの中でも生きる気がします。

=============
税理士法人TOTALは、逆に医師のご家庭出身者が比較的多く在籍しています。
医師の世界の文化をよく御存じなので、
医療系のお客様を担当してもらうことが多くなっています。
=============

税理士資格は、税法1科目さえ今年合格すれば
簿記論・財務諸表論を自力で合格し
(勤務中で足りなければ、子育て中でかまいません)
大学院に進学して経営を学びつつ税法免除を受ける方が楽な気がします。

来年夏まで勉強を続けるのを私がお勧めするのは、
彼が若すぎて結婚予定が3年後とか、出産は30歳まで待とうと決めているというようなケースです。
 
子は宝 です。
出産は幸せなことですし、周囲にも歓迎されるでしょう。

税理士になり親戚の役に立ち、自分の仕事を確立する一方で、
未来の旦那様にふさわしい、また、「嫁」としても評価してもらえる
税理士という資格・職歴も欲しいとお思いかもしれませんね。

開業医が妻に求めるのは、一般的には
 ・激務の医師を癒してくれる笑顔や気遣い、美貌
 ・子供の教育
 ・医師同士の交流に際しての教養やファッションセンス
 ・食事をはじめとした家事能力(外注・外食も可)
 ・経営を補助するための管理能力
などでしょうか。

なお、意外なことですが、
クリニックや病院の中には、事務が得意な人はほとんどいません。
「事務長」も気遣いができる方が選ばれており、事務処理能力が優れている人はあまりおられません。
事務が安定してできる ぶるー様はそれだけで開業医の経営の役に立ちます。


最後になりますが、ご結婚が決まり、

おめでとうございます

お幸せに!




※なお、この件に関するコメントは下記のコメント欄をご利用ください。

新規のご質問はここをクリック してください。
インターネットで顔が見えない方に適切な回答をするために、 質問の書式にご協力いただけると幸いです。 情報が不足する場合には回答できないことがあることはご留意ください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

記事の無断コピーや一部利用は著作権侵害で違法です。
記事を商業利用するには、高橋寿克の事前の明示許諾が必要です。
商業利用(おまとめサイト等を含む)は原則として有料になります。
利用料の金額等、詳しくは税理士法人TOTALまでお問い合わせください。

また、違法なコピーを発見した方は通報いただけると幸いです。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile
自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・借入相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

■ 東京本部(秋葉原駅)
TEL 03-5577-5065
■ 新宿本部(新宿三丁目駅)
TEL 03-6380-0839
■ 横浜本部(横浜駅)
TEL 045-900-9031
■ さいたま本部(大宮駅)
TEL 048-606-9040
■ 立川本部(立川駅)
TEL 042-508-9008
■ 西東京本部(田無駅)
TEL 042-464-8390
■ 船橋駅前本部(船橋駅)
TEL 047-770-9000
■ 船橋塚田本部(塚田駅)
TEL 047-438-3001


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALの求人情報については
詳しくは当社HPで
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索
最新トラックバック