2015年04月19日

32歳 ゼロからの税理士挑戦

税理士事務所 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

税理士法人TOTALは、関東では店舗数が2番目です。
出店を続けていると、
「儲かってて良いねえ」
と言われる方がいます。


はっきり言います。


儲かってません!」(キッパリ)


普通にスタッフに給料払って、
無理な残業はさせずに、
受験生に勉強できる環境、
専門学校の学費も払って
大学院行ける環境(人によっては学費も)
主婦に家庭・育児と仕事を両立できる環境
を整えて、
成長しながら出店する

 儲かりません。

今年はだいぶ、借金が増えました
(父と銀行さんからです)
利益が安定して出るようになるには、まだ数年かかります。

それでも何で前に進むのか?

中小企業、資産家、医師の成長を支える
社会のインフラとして
「日本一の総合士業事務所」を目指しているからです。

やるなら、世のため! 人のため!

数年後から、関東を飛び出して、全国に出店をする予定です。
大阪、名古屋、福岡、仙台、札幌、…。
最近は全国から本部長候補生や若いスタッフが入社してきてくれています。

税理士法人TOTALに入社して、仲間と切磋琢磨して仕事を覚えつつ税理士試験に合格する
彼ら・彼女たちの成長していく姿を見るのが楽しみです。

 〜あなたと共に歩み、あなたと共に成長したい〜


ご質問はここをクリック


ヤマト 様からのお問合せです。

■年齢 32歳
■性別 男
■学歴 MARCH(経営学部)
■資格 なし
    (簿記二級勉強中)
■職歴 内資系製薬会社勤務後、
     外資系製薬会社に転職、在職中。
     合計10年 営業担当(MR)
■会計事務所経験 なし
■居住地  関西
■特記事項 妻、子2人
 現職退職後は妻の実家がある関東に移住予定。
 未就業3年程の生活費+大学院進学費用程度の貯金あり。

ブログ大変参考にさせて頂いております。非常に初歩の質問で恐縮ですがご回答頂ければ幸いです。

高橋先生の今までのご回答を拝読致しますと、この年齢での全くゼロから税理士になる挑戦は非常に無謀かと感じております。しかしながら、なんとか挑戦したいと考え、簿記二級から勉強を始めております。

未経験、知識もない現状では業界に入ることすら正直かなり難しいと感じております。
家族の生活も考える最短距離で税理士資格取得へ向かいたいと考えておりますが、年齢も踏まえ会計事務所への就職もアルバイトを含め早い方が良いと考えております。
また大学院進学なども選択肢に入れております。
まずは簿記二級を取らないことには何も始まらないと考えておりますが、今後の自分がどこにどのような順序で目指せば良いのか方向性が定まりません。
もちろん現職を続けることは可能ですが、税理士になりたいという考えは変わらない為、どのような手段を取れば良いのか必死に考えています。
現職では物理的な労働時間、業務上の勉強時間もかなり必要な為、税理士試験への勉強時間は大きくは取れません。

Q.
どのような順序で進めば今後会計業界で税理士として働くことができる可能性が出てきますか?

大変お忙しい中とは存じますが、アドバイスを頂ければ幸いです。宜しくお願い申し上げます。


A.
MRはかなりの高年収ですから、税理士を目指すとしたら、
奥さまの実家が会計事務所を経営しているのでしょうか
それとも、税理士という資格をもった「先生」としての仕事又は独立をしたいと感じておられるのでしょうか。

税理士試験は18歳〜30代半ばにスタートする方がほとんどです。
暗記と速記の試験で、記憶力とスピードは若さが有利です。

ヤマト様のスタートはやや遅くなります。
それでも、個人的には、ぜんぜん
無謀だとは思いません
仕事をきっちりこなして、結果を出してきているからです。
時間の使い方、お金の価値を知り、
<背水の陣>を敷いて人生の勝負に出られる強い覚悟をお持ちですよね。

私の受験仲間でも33歳スタートで2年で官報合格をした既婚男性がおられました。
税理士法人TOTALのスタッフでも、2〜3年受験3科目合格で35歳入社、翌年官報という税理士有資格者もいます(お子さんは2人)。
守るべき人がいる人は強いものです。

(1)一番最初にやるべきこと
奥さま(場合によっては奥さまの両親も)の全面協力を取り付けることです。
子供はかわいいと思いますが、最低2年は勉強に専念する時間が欲しいです。
(おそらくここまでは済んでいますよね)

(2)今年4月半ば〜8月
。儀邀講の国税徴収法か酒税法のどちらか一つを申し込みます。
 この2科目は簿記の知識はいりません。
 (消費税4月開講は今からでは簿記の知識がないこともありつらいと思います)  
 税法は暗記科目なので、きっちり覚え切る必要があります。
⊆験願書も忘れずに提出してくださいね。
J孫圓靴栃躓2級まで学習を進めてください。

(3)今年9月〜来年8月
簿記論、財務諸表論、法人税法を受講する。
12月の結果発表を待って、不合格なら法人税法とミニ税法について検討する。
来年は3〜4科目受験。

(4)来年9月〜再来年8月
仝饗Г箸靴道弔辰寝別椶箸△硲渦別椶鯆媛辰靴憧永鵑鯡椹悗后
∪破,療性がないと思ったら、科目数を増やさず、
  確実に3〜4合格を目指す。

(5)再来年9月〜
9月から会計事務所にアルバイトではなく正社員として就職する。
就職は、勉強と両立できることを最優先にします。
大学院進学の可否も確認する。

ヤマト様は、MRで結果を残しています。
営業は得意ですし、医療部門なら即戦力です。
就職は(希望給与を下げられれば)困らないと思います。
うちも含めて欲しい税理士法人は多いでしょう。

12月に官報なら最高。
ハードワークで実務経験を!)
4科目なら最後1科目で官報合格を目指す。
3科目ならあきらめて大学院進学。
不幸にして2科目なら軽い科目での3科目合格を目指す。

さらにもう一年の受験専念はあまりお勧めしません。

これで、30代のうちには税理士になれると思います。
その後は、パートナーとして欲しい税理士法人も多いでしょうし、独立も可能です。
ポイントは、再来年までに3科目以上合格できるかです。

税理士試験の勉強、頑張ってください。



※なお、この件に関するコメントは下記のコメント欄をご利用ください。


新規のご質問はここをクリック してください。
インターネットで顔が見えない方に適切な回答をするために、 質問の書式にご協力いただけると幸いです。 情報が不足する場合には回答できないことがあることはご留意ください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

コメント一覧

4. Posted by 税理士ひさ   2015年04月22日 20:35
>ヤマト様

「医療従事者の個性の強さ」は大変ですね。
お疲れ様でした。

ご応募お待ちしています。
3. Posted by ヤマト   2015年04月22日 13:05
高橋先生

大変お忙しい中、早々のご返信誠にありがとうございます。
質問に対するご回答、その後のご返信、改めて何度も読み返しました。今後の学習計画を明確にさせて頂き、また業界に入った後の景色も(わずかながらですが)見させて頂くことが出来ました。

税理士を目指すスタートは若干遅くなりますが、この10年間、医師・薬剤師・看護師・強烈な受付のおばちゃん等全国(現在関東、九州、関西の3箇所目)の何百人という医療従事者を相手にしてきた仕事が税理士としての働く際に活きるなら、改めて新卒後製薬業界で働いてきてよかったと感じております。

まずは先生にポイントとしての上げていただいた【2017年8月までに最低3科目以上合格】ここだけを見て進んでいこうと思います。

このような公開されている場で申し上げることは良いかはわかりませんが、2017年8月に貴法人の門を叩きたいと強く思っております(ご採用頂けるかは別の話ですが…笑)。
本当に貴重なアドバイスをありがとうございました。
2. Posted by 税理士ひさ   2015年04月22日 07:36
>ヤマト様

12月退職ですか。大企業ですから引き継ぎや人員補充の問題がありますね。失礼しました。

スケジュールのアレンジはおおむね良いような気がしますが、受験した科目をいかに確実に合格して後ろ(法人税法)に余裕を残すかでしょう。

そういう意味では夏までは国税徴収法だけにして、簿記2級の残りは後回しにして試験後でも構いません。
働きながらだと、ミニ税法1科目の理論暗記でもきついかもしれません。

また、苦しければ2016年9月からの科目は、働きながらの大学院進学を前提に切り替えてもいいと思います。

税理士法人TOTALは、今年20前後のクリニック立ち上げを支援しています。
医療系は特定の会計事務所への集中が進んでおり、医療系専門人材の育成と標準化を進めています。

税理士は、単なる出入り業者なのにお客様から専門家として一定の気を使っていただけて、感謝されます。
仕事は精神的には楽かもしれません。
1. Posted by ヤマト   2015年04月21日 12:32
高橋先生

先日ご質問させて頂きましたヤマトです。
大変お忙しい中、詳細かつ明快なご回答誠にありがとうございます。これだけのご回答を頂くにあたり高橋先生の貴重なお時間を頂戴したかと存じます。心より御礼申し上げます。

ネットには様々な情報が散乱しています、そのような情報に振り回されることなく今回頂いたご回答を羅針盤に、もちろん自己責任の下、全力で挑戦していきたいと考えております。
(妻の実家は残念ながら会計事務所ではありません…。全くの異業種です。税理士を目指すのは全て私個人の希望です)

1点お詫び申し上げたいのが、質問の中に現職退職の時期を明確に記載しておりませんでした。家族の全面協力は取り付けておりますが、業務の都合上、退職は2015年12月末となります。その為高橋先生から頂きましたアドバイスにアレンジ(法人税法の学習は2016年9月開始)を加え、実施していきたいと思ます。

現在〜2015.8
国税徴収法、(簿記二級)

2015.9〜2016.8
簿記論、財務諸表論、(国税徴収法)
2015.12 現職退職後、学習専念

2016.9〜2017.8
法人税法+1科目(+残科目)

2017.9〜就職(35歳)

上記の様に進めて行こうと考えました。
まだ税理士試験の勉強すら始めていない初歩の質問に対しまして、ご丁寧にご回答頂き、本当にありがとうございました。
貴法人の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

税理士 高橋寿克

自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉、大阪の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・融資相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

秋葉原事務所
TEL 03-5577-5065
新宿事務所
TEL 03-6380-0839
横浜事務所
TEL 045-900-9031
さいたま事務所
TEL 048-606-9040
立川事務所
TEL 042-508-9008
西東京事務所
TEL 042-464-8390
船橋駅前事務所
TEL 047-770-9000
船橋塚田事務所
TEL 047-438-3001
柏事務所
TEL 04-7114-0100
千葉事務所
TEL 043-400-4205
大阪事務所
TEL 06-7178-0439


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALグループの求人情報
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索