2009年06月06日

会計事務所経験者(経験が浅い場合)の転職

税理士事務所・会計事務所 就職情報の税理士 高橋寿克です。

たけ様からのお問合せです。
■ 年齢 36歳
■ 性別 男
■ 資格 税理士科目4科目(簿財法消)
■ 会計事務所経験  1年半
■ 事務所の規模  零細
■ 居住地 地方

会計事務所経験は一年半ですが、経験10年の社員が突然やめてしまい引き継ぎなしで滞りなく約一年間仕事をこなしてきました。会計事務所の仕事は一通りできます。

 転職を考えている理由ですが申告書の作成代行もこなしているのですが、年収が200万円ほどです。仕事に対して負っている責任と給料にかなりのギャップを感じるようになってきています。そのうえ事実上の経営を先生ではなく実務経験のない先生の奥様が担っています。この先、正当な評価をしてもらえず、給料もアップしないのではないかと思うと非常に不安です。

年齢的なことと経験の少なさもあり転職してもいいものかどうか悩んでおります。ただ、引き継ぎなしで仕事をこなせたというのは転職において少し有利かなと思います。

Q.1 「転職できる可能性」とQ.2「転職せずに何かいい解決策」などありましたらアドバイスを頂けたら幸いです。よろしくお願い致します。

A.1
転職はおそらく可能でしょう。
1年半、お疲れ様でした。引き継ぎなしの負担はきつかったと思いますが、その分、自分で判断する練習にはなったことと思います。
ちなみに私の場合は、4科目合格で働き始めて、経験10年の社員の引継ぎ、経験20年の社員の指導があり、スムーズに仕事ができた上に、自分で工夫する余裕も与えてもらえました。

給与が高いか安いかの目安ですが
社会保険完備で、自分の総売上の30%〜35%くらいが普通だと思います(担当制で一人完結型の場合。完全分業制なら20〜25%)。
これでも、法定福利費(事務所負担分15%)、通勤手当、福利厚生費や、間接要員等を考えると、労働分配率は50〜60%になります。
社会保険がない場合、多少アップ、
また、作業やチェックにどれだけコストをかけているか、担当一人でどこまで処理するかによって担当者への分配比率は多少増減します。
それ以外に、業種特化、資産税、SPC等は、営業能力が必要な分、担当者のもらえる比率は下がるでしょう(給与の絶対水準は高いですが)。

=======================
ちなみに税理士法人TOTALは、給与水準、担当への分配率は業界標準くらいのはずですが、労働分配率・総人件費は社会保険、税理士受験・専門学校費用負担等込みで60%を超えます。「人件費が多くて儲からないんですね」と経理担当者に言われますが、教育と、将来への投資だと割り切っています。
=======================

たけ様の場合、おそらく人柄・学歴等で特別に問題がなければ300万円から350万円なら決まるでしょう。
都内の一部なら400万円以上もありえます。
ただ、地方の場合、その地域によっては求人そのものが極端に少ないこともあるので多少の運が必要なのかもしれません。働きながら就職活動をしてみてはいかがでしょう。

年齢が高くして会計業界で働き始めたので、1箇所目が零細のあまり良い事務所でなかったとしたら、タイミングを見て中堅の会計事務所に移ることは、働き続ける場合も、独立する場合も良い選択かもしれません。そのチャンスは30代までです。

A.2
転職しない場合
一般的には3年〜5年間、同じ職場にいないと本当の技術は身につきません。
2年くらいで自分では一通りできるつもりになりますが、実は、まだまだ技術も経験も足りません。
勤務している会計事務所の業務レベルに魅力があれば残る選択もありえます。
まずは、今の職場で所長税理士と話し合うことが考えられます。
きちんと気を使って話し合いができて意見が通れば良いですね。
逆に、事務所が業務レベルが低すぎたり、先生が人の意見に耳を貸さなかったり、根に持つタイプだとリスクはあります。奥さんの問題もありますしね。
独立する気がないなら、駄目な場合はやはり時機を見て転職した方がいいでしょう。もしも、不幸にして技術が低く、適正な評価ができない、人柄に問題がある先生なら、経営者として安定した給与を払うのは難しいでしょう。

早めに独立する気があるなら、このあと仕事になれて勉強時間を確保できそうなら、目先の給与にこだわるより、勉強に意識をシフトして官報合格して早めに独立するのも手です。
転職のストレスは、就職よりもつらいこともあります。標準化は遅れている業界なので、前の事務所での知識が邪魔することもあります。事務所ごとでルールは違います。自分に自信があればなおさらギャップに苦しみます。
2年弱で転職するより、もう少しがんばって、職務経歴書(2年の実務経験)を書いてもらうためだと割り切る考え方もありえます。

先生の能力、性格等が正確にはわかりませんので断定できませんが、私なら今はまずは最終合格を優先し、8月の税理士試験後に先生と話してみて、だめなら転職か独立の時期を探るでしょう。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

税理士 高橋寿克

自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉、大阪の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・融資相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

秋葉原事務所
TEL 03-5577-5065
新宿事務所
TEL 03-6380-0839
横浜事務所
TEL 045-900-9031
さいたま事務所
TEL 048-606-9040
立川事務所
TEL 042-508-9008
西東京事務所
TEL 042-464-8390
船橋駅前事務所
TEL 047-770-9000
船橋塚田事務所
TEL 047-438-3001
柏事務所
TEL 04-7114-0100
千葉事務所
TEL 043-400-4205
大阪事務所
TEL 06-7178-0439


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALグループの求人情報
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索