2008年01月08日

税務署からの税理士への転進

東京都千代田区と千葉県船橋市の税理士法人TOTALの
税理士 高橋寿克です。

アクセル様からのご質問です
=============
■年 齢 28才
■性 別 男 独身
■受験歴 2科目合格(簿財)
■実務経験
某税務署資産課税部門(相続の税務調査等)で4年間の国税調査官
会計事務所経験なし。

現在某中央省庁(行政職)勤務です。
今年6月末で退職し、本格的に税理士を目指そうと思っています。
実務では相続税、所得税についてはある程度知識はあるものの、税法の試験勉強はこれからです。
会計事務所で働きながら3科目とるか、1年勉強に専念するかで迷っています。
Q.1
税法3科目一からだと働きながらだと逆に時間がかかってしまいそうな気もするし、1年間仕事しないのも30近いので不安です。
採用側からの視点でアドバイスを頂けたら幸いです。
Q.2
税法免除OB税理士は採用側には人気ないのでしょうか

A.1
家庭状況によりますが
1年間の専念をおすすめします。

働きながら税法3科目はかなりきついはずです。
簿財とは受験生のレベル、合格ラインが違います。
一度専念してから残った科目を働きながらの受験の方が早いでしょう。

A.2
税法免除OB税理士の評価は
(1)小さな会計事務所
後継者含み以外人気がないでしょう。
独立志向の方を採用するリスクが大きいからです。

(2)BIG4の場合
年齢が高くなっているはずなので
採用上も自分のキャリア上も不利でしょう。

(3)準大手の場合
有資格で実務経験があるので
むしろ30代前半までなら評価されると思います。
ただし、10年もいると組織の色に染まるリスクはあります。
役所的な色が強い方は
民間では使いくにいという評価になるかもしれません。

ちなみにうちはOB税理士の方にもお手伝いいただいています。

コメント一覧

1. Posted by アクセル   2008年01月09日 02:20
 貴重なご意見ありがとうございました。
 実はいずれ税法免除になるということで今の仕事を辞めるかでも頭を悩ませていたところでした。先生のご意見で辞める勇気が出てきました。
 簿財に合格したとたん税務職から行政職への人事異動になり、資格は簡単にあげないぞという某国税局の意図をすごく感じていました。(被害妄想かもしれないですが・・・)
  公務員ってやめる人が少ないため、少し言い出しにくいのですが、あとは上司にしっかり辞める意思を伝える勇気ですね(笑)

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Profile

税理士 高橋寿克

自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉、大阪の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・融資相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

秋葉原事務所
TEL 03-5577-5065
新宿事務所
TEL 03-6380-0839
横浜事務所
TEL 045-900-9031
さいたま事務所
TEL 048-606-9040
立川事務所
TEL 042-508-9008
西東京事務所
TEL 042-464-8390
船橋駅前事務所
TEL 047-770-9000
船橋塚田事務所
TEL 047-438-3001
柏事務所
TEL 04-7114-0100
千葉事務所
TEL 043-400-4205
大阪事務所
TEL 06-7178-0439


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALグループの求人情報
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索