2016年08月

2016年08月19日

2016年夏 税理士業界の就職事情(会計事務所のアルバイトの評価)

税理士事務所 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

税理士試験が終わり、今年も夏の就職シーズンが来ました。
短期決戦になりますが皆さん、頑張ってくださいね。

新たなご質問はここをクリック

ノリ様からのお問合せです。

■年齢 27歳
■性別 男
■資格 簿記論、財務諸表論合格
 消費税法、法人税法、事業税法受験
■職歴 下記会計事務所経験のみ
■学歴 MARCH(一浪)
■会計事務所経験 個人事務所で一年程度
■居住地 関東

こんばんは。
現在就職活動中のノリと申します。

今年の試験を受験をしまして、消費税法には自信があり、法人税法、事業税法も手ごたえ的には悪くなく、あとは正社員として働きながらの取得にシフトしようと思い、正社員希望として履歴書を提出していますが、去年と比べ一年間アルバイトにしたためか書類選考の結果があまり好ましくありません。

Q.
年齢も27歳ということもあり、早く業務を覚えたく準大手あたりに就職を考えていますが、
年齢と今現在二科目という科目からして準大手あたりでは書類が通らないのでないかという懸念から、中堅(スタッフ50人前後)に視野を広めようと思っておりますが、どうでしょうか?
 
また、オーナー系企業を中心に扱っていきたいという思考から準大手を志望しておりますが、私の今現在の状況からして厳しいでしょうか?

お休みの中申し訳ありませんが、今後の就職活動の参考にさせていただきたいのでアドバイスをいただけたら幸いです。

A.
ノリ様のスペック、27歳・MARCH卒・2科目なら、ほとんどの会計事務所で書類選考対象になるはずです。
税理士試験合格科目数については、以前は中堅以上の税理士法人だと3科目合格を要求することが多かったのですが、
最近では受験生の減少、大学院進学の一般化もあり2科目を要件にすることが普通です。

会計事務所のアルバイトの経験は、ごく一部のプロパー優先の会計事務所以外の 多くの事務所では、ややプラス評価だと思います。
正社員の職歴がないのはマイナスですが、年齢的にそこまで問題になるとは思えません。

ノリ様が書類選考の結果がよくないとしたら
(1)営業系の税理士法人で、熱いノリを優先し、受験生を好ましく思っていないところだった。
(2)受験が5科目一通り終わっているので腰掛けだと思われた。
(3)準大手のうち資産税関係は「相続税法」を受験していないのでマイナス評価だった。
(4)学歴がMARCH下位、高校の評価も低かった。
(5)昨年に続いて同じ事務所に送って、「冷やかし」だと思われた。
などでしょうか。
あまりピンときませんが…。

比較的強気に行っていいと思います。

税理士業界は、他の業界と同様に2極化が進んでおり、
強い税理士法人はより強くなり、零細事務所・弱い事務所の淘汰が進んできています。
それ以上に働く人、特に税理士受験生の減少が著しく、今年の税理士業界の就職事情は、前年にほぼ準じた売り手市場だと思います。

今年は、税理士試験の日程が例年並みに戻り、スケジュールに余裕ができたためか、昨年に比べて特定の人に内定が集中しています。
税理士法人TOTALで内定を出した方も、たくさん他の税理士事務所・税理士法人から内定をいただいています。
内定辞退に伴う「玉突き」が起きて来週後半くらいから補充を短期で行う必要が出るはずです。

なお、「オーナー系企業」のイメージがよくわかりませんが、
同族会社は日本の企業の98%です。
上場関連や外資系企業がメインのBIG4税理士法人とごく一部の準大手監査法人系の税理士法人を除くと、どこの税理士事務所もお客様はオーナー企業ばかりです。
中堅税理士法人以上なら、事務所規模とお客様の規模はあまり強い相関関係はありません。

夏は1年で最大の就職シーズンですから、準大手をきちんと対処しつつ、多少面倒でも中堅税理士法人にも書類は出してみて、できるだけのことはして悔いがないように就職活動を頑張ってみてください。




※なお、この件に関するコメントは下記のコメント欄をご利用ください。

新規のご質問はここをクリック してください。
インターネットで顔が見えない方に適切な回答をするために、 質問の書式にご協力いただけると幸いです。 情報が不足する場合には回答できないことがあることはご留意ください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

記事の無断コピーや一部利用は著作権侵害で違法です。
記事を商業利用するには、高橋寿克の事前の明示許諾が必要です。
商業利用(おまとめサイト等を含む)は原則として有料になります。
利用料の金額等、詳しくは税理士法人TOTALまでお問い合わせください。

また、違法なコピーを発見した方は通報いただけると幸いです。

2016年08月07日

新人の仕事量と転職時期、エージェントの危険性

税理士事務所 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

今年もまた暑い夏、税理士試験の季節が来ました。
明後日から税理士試験が始まります。
受験生の皆さん、頑張ってくださいね。

試験が終わったら転職活動なさる方も多いと思います。
税理士法人TOTALもよろしくお願いします。

新たなご質問はここをクリック

あさみ様からのお問合せです。

■年齢 27歳
■性別 女
■資格 日商2級 簿記論学習中(今年の1月から)
■職歴 教育5年→中規模税理士法人 3ヶ月目
■学歴 MARCH理工学部卒
■会計事務所経験 3ヶ月(とある業界に特化)
■居住地 東京

お世話になります。
(1)会計事務所の労働環境について
(2)これからどうすべきか
相談させてください。

私は、
(拔したことを業務に活かすため
⊆尊櫃寮罵士の仕事を身近で見て学んで適性を判断するため
J拔時間の確保(週休2日・定時退社ができる日が欲しかった)のため
にエージェントを通して転職しました。

早速相談内容に入ります

Q.1
入社時に言われたことと実情が違うというギャップについて
当初 : 通常期残業0〜20h/月・繁忙期50〜60h/月 残業代支給
現実 : 残業時間50〜70h/月 残業代なし

当初: 平日の通学可能・両立可能
現実:当然平日通学不可能・先輩方は大学院3留,試験に落ち続けてる等
など、他にも複数あります。

こういうギャップはよくあることなのでしょうか。

Q.2
雑務(備品管理や来客対応)をのぞく私の仕事量は、
担当20件
うち、決算のみ4件・給与計算も受託13件
月次のトータル仕訳数は約4000/月
給与自計の顧問先でも雇用保険や算定基礎などの諸手続きは受託してます。

自分の仕事が遅いだけなのか、(初心者にとって)仕事量が多いのかもよくわかりません。
先輩たちも結構残業をしています。

Q.3
今後について
今の事務所には最低でも1年は勤めます。
入社3ヶ月でこんな事を申し上げると、根性無しと思われてしまうかもしれませんが、今の事務所で働きながら勉強を続けることに不安しかありません。
今年の試験を受ける予定ですが、1.5年で2科目取ればいいと思ってます。

3月いっぱいで今の会社を退職し、4〜8月まで試験勉強に専念し、9月に次の会社に入社したいなという考えもあります。

この不安な気持ちはただの甘えなのか
それとも、パート(雇用保険に加入したいので週4)で雇ってもらえる事務所で両立するという逃げ道を作るか
助言を頂きたく存じます。

よろしくお願い致します。


A.1
記事の記載が遅くなって、長くお待たせいたしました。申し訳ありません。
あさみ様の入社時期が繁忙期(今年春)だったため
閑散期や試験前を勤務後の方が冷静に判断できるのではないかと思ってこの時期に記事にさせてもらいました。

(1)残業時間について
会計事務所の繁忙期は、12月〜5月です。

ただし、社労士事務所を併設しているなら、
雇用保険や算定基礎届などの諸手続きをする6〜7月前半も繁忙期が続きます。
税理士・社労士事務所併設の総合事務所に入社した場合で、
社労士業務も税理士事務所スタッフにさせるときは
閑散期は、7月後半〜11月になります。

なお、税理士事務所単体では、雇用保険や算定基礎届などの社会保険労務士業務は行えません。
この場合は、社会保険労務士法違反になり、注意が必要です。
社会保険労務士事務所を併設していますか?

もっとも、社労士事務所併設の総合事務所の多くは、役割分担で、
少なくとも税理士試験受験生には社労士業務もさせないところが多いのですが。
=============
TOTALグループも、社会保険労務士法人がありますが、
税理士試験受験生には月額算定・年度更新の社労士業務の手伝いは原則としてしてもらっていません。
=============

あさみ様入社から直前(5月、場合によっては7月前半)まで、ずっと繁忙期が続いていてやっと閑散期に入ったということになります。

繁忙期なら残業時間が月60時間程度になることはそれほど珍しいことではありません。

(2)残業代について
「みなし残業」制度なら、所定の時間まで残業代を払わなくても問題ありません。
みなし残業は月20〜40時間程度のところが多いと思います。
みなし残業でないのに残業を支払わなかったり、みなし残業時間の超過分について払わないのも違法です。
「うちは残業代は出ないよ」は認められません。

(3)専門学校への通学
専門学校に通うのは、個人の意思と仕事のスピードや段取りによるところも多いので一概には言えません。
ただ、事務所によっては通いにくい(先に抜けにくい)雰囲気があるところもあります。

(4)税理士試験の合格率
合格率は各科目10〜20%くらいです。
これは、大学生、専念受験生を含んだ数字です。
税理士試験の場合、暗記と速記が重要ですから、若さは有利ですし、仕事と受験の両立は容易ではありません。
=============
税理士法人TOTALのスタッフの科目合格率は、大原簿記学校やTACといった専門学校の既修者クラス(上級クラス)と同等の20〜30%くらいです。みんな頑張っているなあと思いますが、限界があるのも事実です。このため、年齢によっては大学院進学を勧めるケースもあります。
=============

(5)大学院の留年
免除狙いを受け入れる多くの大学院は、原則として単位も緩いですし、論文評価も甘いです。
まじめに授業に出て論文を書けば税理士になれます。
ただ、その2年間は、働きながらだと忙しくて時間的にはきついでしょう。
学費負担を考えても2年で終了するのが普通です。
=============
税理士法人TOTALでは、大学院進学者は全員2年で終了して大学院免除を受けています。
ただ、忙しいことで有名な大手事務所の番頭さんが、大学院に進学したにもかかわらず免除を受けられなかったという話は聞いたことがあります。
=============

A.2 業務量について
簿記2級のみの初学者の女性に入社3か月で担当20件+給与計算13件は聞いたことがありません。
人不足で無理に担当してもらっているのでしょう。
周りも慢性的な残業でスタッフの管理状態も悪くなっていませんか。
=============
税理士法人TOTALでも、最近管理が行き届かず、業務量が間違っている本部がありました。速やかに新人の担当数を減らすように指示をしたところです。
管理は難しいですね
=============

A.3 今後について

以前にも書いたことがありますが、
相談する相手(転職エージェント)を間違ったような気がします。
参照「転職エージェントと会計事務所・経理への転職

転職エージェントは、人材を企業に紹介する仕事です。
紹介料は、働く人の年収の30%くらいが普通です。
高いですね。

とってもうちでは払えません。

会計事務所業界ではほとんど人材紹介サービス・エージェントを使っていません。
「会計事務」は、女性に人気がある職種で有効求人倍率は正社員で0.3倍、パートでも0.9倍前後で不足感はありません。
最近、会計事務所業界の人不足で問題になっているのは応募者の「量」ではなく、「質」です。
このため、税理士・有資格者や科目持ちの会計事務所経験者ならともかく、
未経験の職員採用に転職エージェントを使う会計事務所はまれです。
高い金額を、紹介会社に払える会計事務所は
一部の大手税理士法人や慢性的な人不足で「即戦力」を求める会計事務所に限られます。

また、採用した会計事務所からすると、
採用コストが高かった分、早く回収するために、無理な仕事量を与えやすいという傾向もあるかもしれません。

会計事務所未経験者は、早くから業界を絞って可能性を狭めるよりも、働いてキャリアを積んでいく中で自己の適性を探って得意分野を伸ばした方がいいですから、
特定の業界、特定の業務に限られる会計事務所は嫌われやすく人不足に悩まされます。
人不足になると悪循環が始まります。

未経験者にまでエージェントを使えるとなると医療系(又は歯科)専門の会計事務所かな。
だとしたら個人事業も多いから、来年の確定申告時期はもっときつくなるでしょうね。

おそらく、あさみ様の勤務している事務所は、残念ながら「外れ」の可能性が高いと思います。

もし、7月の後半も残業時間が多かったとしたら、来年の受験も厳しくて、1.5年で2科目は難しいでしょう。
このまま1年間働き続けるメリットをあまり感じません。
根性なしだとは思いません。

「過ちては改むるに憚ること勿れ」
です。

今年の試験の手ごたえによっては、この夏に、他の事務所に転職することをお勧めします。
その際には、2〜3科目までパートという選択肢も税理士になるためにはもちろん有効だと思います。

=============
税理士法人TOTALでも、受験を優先したいスタッフのために「受験スタッフ」という制度を設けています。
=============




※なお、この件に関するコメントは下記のコメント欄をご利用ください。

新規のご質問はここをクリック してください。
インターネットで顔が見えない方に適切な回答をするために、 質問の書式にご協力いただけると幸いです。 情報が不足する場合には回答できないことがあることはご留意ください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

記事の無断コピーや一部利用は著作権侵害で違法です。
記事を商業利用するには、高橋寿克の事前の明示許諾が必要です。
商業利用(おまとめサイト等を含む)は原則として有料になります。
利用料の金額等、詳しくは税理士法人TOTALまでお問い合わせください。

また、違法なコピーを発見した方は通報いただけると幸いです。

Profile

税理士 高橋寿克

自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・融資相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

秋葉原事務所
TEL 03-5577-5065
新宿事務所
TEL 03-6380-0839
横浜事務所
TEL 045-900-9031
さいたま事務所
TEL 048-606-9040
立川事務所
TEL 042-508-9008
西東京事務所
TEL 042-464-8390
船橋駅前事務所
TEL 047-770-9000
船橋塚田事務所
TEL 047-438-3001
柏事務所
TEL 04-7114-0100
千葉事務所
TEL 043-400-4205


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALグループの求人情報
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索
最新トラックバック