2015年01月

2015年01月18日

税理士事務所のITリテラシーとコンプライアンス

税理士事務所 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

税理士業界も人手不足が深刻です。
このため、税理士法人TOTALでも、従来、税理士試験受験生は2科目持ちが条件でしたが、20代半ばまでで2~3年内勤を条件に(その分給料は下がりますが)応募条件を引き下げて募集することにしました。より若いスタッフを自前で育てていこうという趣旨です。

最近、ある大手税理士法人Aから別の大手税理士法人Bに継続的に何人も移籍していることを知りました。
Aの教育を受けているとBでは即戦力です。
Aの内部の人はこの事実を気づいていないようです。
(Aは不満を持つ人が多いらしいです。
公表数字と違って離職率が実際には高いのか?)

他の業界ではよく聞きます。電機業界では
「人が足りなければ(優秀な博士が余っている)日立(製作所)から取ってこい」
と言われているそうです。

税理士法人TOTALは、BIG4や最大手、大手・中堅の税理士法人からかなりまんべんなく来てくれていますが
もちろんこちらから採用しに行ったことはないし、1〜2人ずつくらいしかいない。
逆にお辞めになる方も、税理士登録者は、最近は独立、親の跡を継ぐ(税理士2世)、家庭の事情くらいしかいませんし、税理士が他の会計事務所に移ったという例はなくなってきています。

税理士業界も 「仁義なき戦い」 が始まるのか。
そんなことを考えていると、
ある幹部よりヘッドハンティング業者から電話があったとの報告
きちんと報告が上がるのはありがたいのですが

ついに来たか?!

うちの幹部を欲しがるとすると、大手のあそこか、それともあそこか…。
私は、自分から喧嘩をすることはしない平和主義者ですが、
売られた喧嘩は必ず買います。 ビジネスですから逃げません。
(血の気が上がってくる)

文太さん健さん、見ていてくださいね。
徹底して戦うし、訴訟も覚悟しなくちゃいけないかな。


一応、その業者の情報を調べてみると、






有名な





迷惑電話でした。

あー 疲れた。

(税理士は、登録先がはっきりわかるので、登録済みの幹部のヘッドハンティングを隠すのは難しいです。上記の税理士法人A、Bの例は無資格のスタッフの話です)


ご質問はここをクリック


税理士試験合格者様からのお問合せです。
■資格  税理士試験合格
■会計事務所経験 あり

高橋先生

はじめまして。いつも勉強になるなぁと拝見させて頂いております。

この度、新しい税理士事務所に転職したのですが職員のメールアドレスが1つしかなく、 提携している社会保険労務士の先生から、私の給料が記載されたメールが来たのです。

当事務所の女性が、新しく入社した社員の金額と社会保険料の金額を教えて下さいとメールしたのが発端です。

私は、中途採用ということもあり、他の先輩より貰っていることが事務所内でばれてしまい非常に事務所に居づらい状態となってしまっています。

まだ転職して3ヶ月ということもありすぐに退職するわけにもいかないといった思いと、こんなコンプライアンスも守れない事務所やったらおっても仕方ないといった気持ちもあります。

高橋先生にご相談したいのは、
Q.1
このような理由で短い期間で退職するのは、次の転職で不利となるのか?ということです。

Q.2
先生の所は、職員のメール、給与体系とかは事務所でオープンにしていたりするのでしょうか?

A.1
私は、会計事務所経験がある有資格者が無資格ベテラン職員より給与が高くても驚きませんが、
(20代半ばならちょっとくらい驚くかも)
税理士事務所は、所長以外の税理士有資格者に対するリスペクトが少ないケースも見られます。

伸びている中堅・大手会計事務所でも有資格者が極端に少ないところもあります。
資格者一人に無資格者20人近くとか…。
こういう事務所では資格者の評価は上がりません。うちは資格を評価しないと言い切っている所長や経営幹部までいますから。
(「無資格者にもそれなりに給料は払うよ。他には行けないでしょ」という辞めないスタッフ作りです)

これは、資格業界の中ではかなり珍しいことです。
医師しか診察はできませんし、医師の給料がベテラン看護師より高いのは当たり前です。
法律相談は、パラリーガルではなく弁護士にします。
司法書士は、以前は出来た無資格者の「立ち合い」が、今では懲戒事由です。必ず本職が立ち会います。
(司法書士事務所TOTALでは「司法書士」を大募集中です。ご応募お待ちしています)

税理士は、税務の他に会計も行うため、無資格者がお客様対応を行っても事実上問題にならず、職員は無資格者が圧倒的に多く、コスト的にも無資格者が(税理士の監督の下)税務申告書作成の下書きまですることも普通です。

ただ、中小企業が減少する中、税理士は増加を続けており、需給がだいぶ緩んでいます。
食べられない独立組税理士・会計士が、資格者のみの直接対応を武器に営業をしていますし、
コンプライアンス重視の流れもあります。
うちも今年中には税理士・有資格者が30人を超えます。
10年もすると、お客さま対応は税理士以外事実上できなくなっているかもしれません。
だから、税理士法人TOTALでは男性スタッフ全員が資格を取れるよう支援しています。

しかしまあ、税理士有資格者を雇える、複数の職員がいる税理士事務所が、メールアドレスが職員全体で一つですか。
何人おられるかは知りませんが、効率が悪いし、今回のような弊害も大きいでしょう。
職員は内勤のみでお客様の所にはいかないのですか?お客様とのやり取りでも不便ですよね。
おそらく、所長が相当高齢なのだと思います(思いたいです)が、ITリテラシーが低いようですね。

短い期間での転職は、普通の業界だと嫌われますが、
税理士業界の場合は、それ以前が比較的長めに勤務していると(3年以上)、「変な事務所で大変だったね」と同情されたりすることもあります。
税理士試験合格者様の情報が少なすぎるので、断定はできませんがたいして不利にならない気がします。
(以前、短期間の転職を繰り返していたなら不利になります)
いずれにせよ、退職理由は同じことも言い方によって印象が違うので話し方には注意が必要ですが。

A.2
税理士法人TOTALは、職員全員に各人用のメールアドレスを付与しています。
新人が入所すると、その日のうちにメルアド登録依頼のあいさつメールが本人から入ります。
もっとも、ITリテラシーの低い私は、メルアド登録もスタッフ任せですし、IPHONEの切り替えだけでうんざりします。
なお、メールの利用には一定のルールがあり、監視システムが入っていて管理していますが、性格上その内容はコメントしません(私がこそっとみんなのメールを見ているとかそんな話ではありませんよ)。

給与金額は、原則としてクローズにしています。
知っているのは本部長とごく一部の担当者のみになります。

給与の算定根拠はある程度オープンにしていますが、定量的要因だけでなく、縁の下の力持ちや、組織に対する献身を要求するため、定性的要因も加味していますし、査定は非公開です。

かつて計算式を完全にオープンにしたときは、自己中心的になるという弊害が大きく、すぐにあきらめました。
人間は誰しも自己評価が高いものです。数値に合わせて行動され過ぎて有利・不利だと言われると収拾ができません。

給与金額や評価基準を完全にをオープンにしている税理士事務所ももちろんあります。成果主義を徹底するなら良い方法なのかもしれません。

コンプライアンスに対する意識は、税理士事務所によってばらつきがあります。
税理士法人TOTALは、税理士事務所を「産業化」しようと思っているので、比較的うるさい方なのかもしれません。

ご質問の内容もあって、ちょっと自分の所のことを書きすたかもしれません。





※なお、この件に関するコメントは下記のコメント欄をご利用ください。

新規のご質問はここをクリック してください。
インターネットで顔が見えない方に適切な回答をするために、 質問の書式にご協力いただけると幸いです。 情報が不足する場合には回答できないことがあることはご留意ください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら


2015年01月11日

記事にできなかったご質問

過去のご質問のうち、記事にできなかったものをまとめました。

お力になれなくて申し訳ありませんでした。

=============
1. Posted by ひめた 2015年01月10日 19:55
はじめまして。ブログ楽しく拝見しております。
今後の進路についてご相談さしあげたく、ご連絡いたします。
■年齢 28歳
■性別 男
■資格 税理士試験官報合格、登録申請中(受験期間3年 簿、財、法、消、事)
■職歴 2008〜2010年 大手人材紹介会社 営業
    2010年〜現在 父親経営の税理士事務所 税理士補助業務
    ※将来は2代目として、事務所を継ぐ予定
■学歴  MARCH
■会計事務所経験 
両親のみで経営する会計事務所で3年半、記帳から申告まで一通り経験。(※違反にならない範囲)。一人で営業し40件程度の新規顧客を獲得。新規創業案件中心で顧客規模は中小企業のみ。
■居住地 東京
■その他 英語 TOEIC780点程度(学生時代で、現在はほぼ知識なし。)
■特殊事情 基本給は200万程度だが、自分で獲得した顧客様からの報酬については30-60%を成果給として受け取っており、現在の年収は650万程度となっている。

【今後の選択肢】
今後の進路として下記で迷っております。
・自分で開業し、将来的には現在の事務所と合体。
・引き続き現在の事務所で、補助税理士として、案件・経験を増やす。
・大手税理士法人に就職し、知識や経験を深める。
・他の中小税理士事務所を経験する。
【相談させていただきたいこと】
・上記状況で、お勧めの選択肢などありますでしょうか?
・そもそも、上記のような状況でBIG4などの大手税理士法人への就職可能性はありますでしょうか?
・顧客開拓の成果として、比較的給与をいただいております。妻子がいるため、あまり年収を下げることはできないのですが、転職した場合、年収の維持可能性はありますでしょうか?
 幸いにも、転職後3年間の勉強を経て、官報合格することができたのですが、今後のキャリア形成の如何について高橋先生のご意見を伺えれば大変ありがたく存じます。
 よろしくお願いいたします。


2. Posted by 税理士ひさ 2015年01月17日 11:00
>ひめた様
優秀ですね。社会人経験後きっちり3年で税理士資格を取り、営業もこなしている。素晴らしいです。

BIG4は、余裕で採用されると思います。
(変なことさえ言わなければ)
年収の維持可能性はあると思いますが、BIG4の給与水準は正確には知りません。すみません。

キャリア形成は、事務所経営に属することで、このサイトの趣旨にもあいませんし、ご自身で決めることだと思います。
悔いのない選択をしてくださいね。

=============
Posted by スドコウ 2012年07月13日 09:54
■33歳
■男 
■資格
合格済:簿財法
勉強中:相続
■職歴  
24歳~29歳:無職
29歳~33歳:福岡県地方都市の税理士事務所
その後H24年6月退職、相続税法に専念中
■学歴  山口大学理系学部卒
■事務所 
規模:先生1人+職員5人
特徴:小規模税理士事務所、記帳代行と監査が主
■居住地 福岡県の地方都市

お忙しい中、お読み頂き有難うございます。
転職を視野に自分の今後のキャリアを考えています。

将来の大きな目標として、「国税不服審判所の民間専門家(特定任期付職員)として審査請求に携わる事」を目指しています。そうすると、弁護士・公認会計士・大学教授などのキャリアを持つ方々と採用枠を争う事になります。前職の事務所で積める経験では心許ない、と考え6月に退職しました。

先生の分類ですと「零細又は小事務所」に該当する前職の事務所では、折角勉強した法人税法等についても殆ど活かしきれていないと感じていました。例えば、別表四の調整が毎年同じ、かつ、非常に少ないという様なところです。

また、昨年12月法人税法に合格し、3科目持ちになった事で、転職のチャンスが広がったと考えました。

では、質問です。

Q1 積むことのできる経験
中堅〜大手の税理士事務所(又は税理士法人)への転職を考えています。目標である「審判所の民間専門家」へ至る道として、有効な経験が積めるでしょうか?

Q2 東京への進出
経済が一番活発に動いているのが東京だと思います。
地方の零細事務所から東京への転職というのは、現実的に「アリ」でしょうか?
まずは、今年の税理士試験後の合同説明会(専門校主催)に参加し、直接感触を掴もうと考えています。

Q3 その他
その他、もし、先生が有効と考える経験・キャリア等がございましたら、お聞かせ願えますでしょうか。

最後までお読み頂き有難うございました。


Posted by 税理士ひさ 2012年07月31日 19:21
スドコウ様
Q.1、とQ.3については
「国税不服審判所の民間専門家(特定任期付職員)として審査請求に携わる事」が全くイメージできません。

Q.2については
税理士試験3科目合格、会計事務所経験4年ですから、選考の対象にはなると思います。
ただ、就職説明会は、都内でも最も条件のそろった人と会計事務所のマッチングですので、相性やコミュニケーションもあると思います。
国税不服審判所の民間専門家になるためにどのような経歴が必要なのかがわからないので、具体的なコメントは難しいです。

公務員の採用については該当するセクションや経験者にお聞きする方が良いように思います。
かなりニッチな話で情報収集は難しいとは思いますが、お役に立てずにすみません。


Posted by スドコウ 2012年08月04日 22:41
こんばんは。

お忙しい中、御回答を頂きありがとうございました。
「ニッチな分野」ということが分かっただけでも前進と捉え、頑張ります。

憧れの高橋先生からのお言葉、とても嬉しかったです。本当にありがとうございました。


=============
Posted by 相模原太郎 2012年02月07日 01:40
初めまして。31歳の独立志望の税理士(男)です。どうしても自分自身では結論を見いだせない悩みがあり、先生にアドバイスを頂きたく存じます。
まず、私の自己紹介なのですが、大学の頃に、簿財法人消費に受かりました。

大学は日東駒専レベルです。
関東に住んでおり、実務経験は四年程です。

大学卒業後、一年勉強に専念し、四科目持った状態で東京の大手税理士法人に勤務しました。従業員は60人ほどで、うち半数が税理士か会計士でした。
その職場では職場のルールに馴染めず、3ヶ月程で退社してしました。その後税理士とは関係のない職につきながら勉強をしていました。

そして27で現在の個人事務所(従業員10人ちょっとで税理士は僕以外いません)に就職しました。

この事務所で四年が経ちました。入社以来、人から仕事を教わった事がありません。というのも、上司は私の仕事をチェックしてくれませんし、教える事もありません。
つまり私は我流です。
先日他の部署の先輩に私の決算を見てもらったら、本当に基本的な事がわかっていませんでした。
つまり実務が大分未熟なようです。
毎月その先輩にチェックしてもらう事もできず、他の人の下で働かせて欲しいと所長に直訴しましたが、お前は税理士だから、誰かの下につくのは駄目だと言われてしまいました。
資格も持っていますし、年齢も年齢ですので、誰かに教えてもらえる可能性のあるうちに事務所を移りたいのですが、事務所を移ったところで31歳の税理士という事でそれなりの実力を望まれてしまうでしょう。進む事も戻る事もできなくなってしまいました。このままでは独立など夢のまた夢です。アドバイスをお願い致します。


Posted by 税理士 ひさ 2012年02月10日 21:22
>相模原太郎様
本文に記載の通り、このサイトは税理士事務所・税理士法人・会計事務所への就職・転職に関する情報提供を目的としており、税理士としての「独立」についてはコメントする立場にはありません。

(強いて言うなら)
税理士法人TOTALは業務の標準化・知識の共有をすすめていますが、一方で
「独立」を目指すなら、ノウハウを教えてもらおうと思うより、自分でノウハウを磨こう、
道に迷ったと嘆くのではなく、道は自ら切り開くのだという強い気持ちが必要なのも事実です。
独立したら、日々、新しい問題と出会います。その時は誰も教えてくれませんし、助けてもくれません。


Posted by 相模原太郎 2012年02月10日 21:25
高橋先生、お忙しい折、ご返信ありがとうございました。

Profile
自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・借入相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

■ 東京本部(秋葉原駅)
TEL 03-5577-5065
■ 新宿本部(新宿三丁目駅)
TEL 03-6380-0839
■ 横浜本部(横浜駅)
TEL 045-900-9031
■ さいたま本部(大宮駅)
TEL 048-606-9040
■ 西東京本部(田無駅)
TEL 042-464-8390
■ 所沢・東村山本部(新秋津駅)
TEL 042-395-3044
■ 船橋駅前本部(船橋駅)
TEL 047-770-9000
■ 船橋塚田本部(塚田駅)
TEL 047-438-3001


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALの求人情報については
詳しくは当社HPで
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索
最新トラックバック