2014年07月

2014年07月26日

アラフォー会計事務所未経験者の就職(経理と会計事務所の仕事の違い)

税理士事務所 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

税理士試験まで2週間を切って、受験生は試験休みに入っている人が多くなりました。
受験生が多い当社は、この時期はオフィスがガラガラになります。
その分、有資格者や主婦のみなさんが仕事を頑張ってくれています。
受験するスタッフのみんな、ここからが勝負です。
   あきらめずに頑張ろう!

ご質問はここをクリック

アラフォー 様よりのお問合せです。

■年齢 39才
■性別 女
■資格 日商簿記2級(2012年)、FP2級(2014年)
     現在1級の勉強中
■職歴 通信機器開発設計会社
    技術アシスタント、検査業務
    アルバイト1年+正社員16年
    転職歴なし
■学歴 短大卒業+専攻科(1年)
■会計事務所経験 無
■居住地 ギリギリ首都圏
■その他 独身なので東京進出は可

はじめまして。
工業やITとは無縁の世界から通信機器開発及び製造を行う会社に約1年のアルバイトを含め17年間勤務しています。
情勢変化により会社内でも効率性やコスト面を重視する傾向が以前より強くなり、それがキッカケで簿記の勉強を始めました。
いずれは簿記を活かして転職と考えていましたが、最近仕事内容が変わり、早急に転職を考えています。

Q.
1級に合格していれば多少は違うのかもしれませんがやはり、この年齢で未経験職種に転職は不可能でしょうか?
経理や会計関係は未経験は無理と聞くので・・・

A.
1.簿記1級の価値
(1)「経理」
・新卒
メーカーや大企業の新卒入社にとっては一定の武器になります。
まじめさ、業務適性を示します。
ただ、逆に経理に配属されてしまうリスクが上がり、本人にとっては一長一短でしょう。

・第2新卒〜20代
職種チェンジの武器になると思います。経理を目指すならお勧めです。

・30代後半以降
実務経験があるならプラス評価でしょう。
実務経験がない場合、そもそも採用されにくいので、違う努力をした方が効率的です。
まじめで勉強好きだという履歴書のアクセサリーになってしまう危険性も高いでしょう。

(2)「会計事務所」
簿記1級は、それなりの努力が必要な難関試験です。
ただ、会計事務所では、工業簿記や原価計算のち密さは求められないので簿記2級で足りてしまいます。
このため、会計事務所で働く上では同程度の難易度の税理士試験の簿記論や財務諸表論に比べると、評価が低くなります。

簿記1級はあくまでも能力をはかる「検定」であり、
「資格」に結びつくものではありません。

2.経理と会計事務所の仕事の違い
(1)「経理」
特定の会社内で、その会社のために業務を行います。
元となるデータを他のセクションからもらったり、成果物を経営者や他のセクションに届けたりします。
社内の根回しが重要で、速さ・効率よりは正確さ・慎重さが求められます。

小さな会社なら一人ですべてこなさなければなりませんし、教えてくれる人はいません。
このため、経験者でないと務まりません。

大きな会社なら新卒採用が中心です。
中途採用は、未経験者はおそらくアラサーまででしょう。
いずれにせよアラフォー未経験者が入る余地はほとんどありません。

なお、実はこの10年、「経理」の数は減っています。
手書きがコンピューター入力に置き換わり、さらにクラウド化、システム化も進もうとしています。
以前なら多数の正社員が経理部門にいた中堅企業も、少数又は一人でできるようになり、派遣社員への置き換えも進んでいます。
(もっとも、その分、広い範囲を担う一般事務職員は増加しているのですが)

逆に、若者の補充が少ないため、経理・会計経験者は、かなり年配になっても転職できます。
専門職として比較的、スキルが判定しやすいですから。

(2)「会計事務所」
会計事務所は、多数の会社のために業務を行います。
一人につき20社以上の処理をすることも珍しくありません。
資料はお客様の事務担当者からいただけます。
速さ、効率を優先し、同時並行処理能力を求められます。

会計事務所は少人数のところが多く、小さい会計事務所は教育することが大変です。
このため会計事務所経験者が歓迎されます。

中堅以上の会計事務所なら、
同じような業務を同一フロアにいるたくさんの職員が並行して行いますから、教えることもできますし、訊くこともできます。
一定レベルの会計事務所ならマニュアル化も進んでいます。このため、未経験者も多くいます。

10人以上の会計事務所で、会計事務所経験者が6割以上だとしたら、離職率が高い(又は過去において高かった)と思った方が良いでしょう。
(「税理士事務所・会計事務所の離職率」についてはこちら
教育期間は事務所経営的には持ち出しです。短期の離職者が続くと所長はうんざりします。
事務所を大きくするのをあきらめるか、会計事務所経験者を優先して採用するようになります。

会計事務所が未経験者を採用する場合、
20代後半入社を中心に、20代前半 と 30代前半 がそれに続きます。
=======================
税理士法人TOTALは逆に未経験者の採用が6割を超えています。
会計事務所未経験者のうち8%がアラフォーで入社しておられます。
分析すると、アラフォー以降未経験入社組のうち、半分は隣接士業を含む有資格者、残り半分は近所から通勤してくれる方です。

最近はどの業界も人不足です。
経理の需要もありますが、即戦力の募集のため経験者以外は残念ですが難しいでしょう。
税理士法人TOTALで昨日、内定を出した20代の未経験者の方は、当社の前に5社の「経理」に応募したそうですが不採用が続いていました。
未経験が不採用の理由だったのでしょう。

会計事務所業界は、採用の場面でも大手・中堅事務所への集約が進んでいます。今夏はこのため、売り手市場になっています。
税理士法人TOTALでは今夏、40代の未経験者だけでも二人採用する予定です。
そのうちの一人は家庭に入っていた期間が長いご近所の主婦です。
=======================

アラフォー様が簿記1級を今とるのはあまりお勧めできません。
(会計事務所に入った後、経理に転職するためになら、勉強する意味があります)
今勉強するなら、税理士試験の簿記論・財務諸表論か社会保険労務士試験の方が良い気がします。

転職は不可能かと問われると、楽ではないけれど可能だと思います。
上記の資格(税理士試験の簿記論・財務諸表論か社会保険労務士試験)を一年で取るか、
近くの会計事務所(又は「採用時には近くに引っ越します」と履歴書に書いて)に場合によってはアルバイトでもいいから採用されて正社員昇格を目指すか
(会計事務所は、アルバイトから正社員になるケースは多いです)
だとより可能性は高くなると思います。

一度会計事務所に採用されれば、経験者として他の会計事務所に移ることも、中小企業の経理に転じることも可能になります。


※なお、この件に関するコメントは下記のコメント欄をご利用ください。

新規のご質問はここをクリック してください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

2014年07月11日

税理士法人TOTAL OB・OG会

税理士事務所 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

ご質問はここをクリック

税理士法人TOTALのOB・OGの皆さんにお声がけいただいて、お酒を飲んできました。

独立して3年しないで何人も従業員を抱えている税理士、
独立して1年しないのにすぐに抱えきれないお客様がいる税理士、
独立直後の税理士
中堅の税理士事務所でがんばっている税理士・行政書士
税理士試験直前でがんばっている受験生
そして、忙しいだんな様を支えている奥様

みんなそれぞれの道で頑張っています。

税理士法人TOTALに入社してから税理士資格を取った方は23名。
元からの有資格者と併せると42名
思えばたくさんの税理士を輩出してきました。
ちょうど半分の税理士は税理士法人TOTALに残ってくれており、
残り半分の税理士は社外で頑張っておられます。

これからもたくさんのスタッフが税理士になるでしょう。
みんな残ってくれればもちろんうれしいけれど、そうもいきません。

税理士法人TOTALはのれん分けはしないけれど、たくさんの税理士が独立して頑張っています。同じ業界の仲間です。競い合っていきましょう!

みんなから電動クッションをいただきました。
肩こりに効くかな?
喜んで使わせていただきます。
本日はありがとうございました。



※なお、この件に関するコメントは下記のコメント欄をご利用ください。

新規のご質問はここをクリック してください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

2014年07月05日

女性税理士(税理士2世)の転職

税理士事務所 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

大原の夏の就職情報誌(「WIN」)が配布されました。
人不足は会計事務所業界も深刻なようで、従来の白黒1ページから、カラー2ページにアップグレードした会計事務所が目立ちます。
税理士法人TOTALは白黒のままなので、若干?(相当?)古臭く見えるので頭が痛いです。
ちょっと出費は痛いけど次回はうちもカラー2ページかな。

ご質問はここをクリック

oka 様よりのお問合せです。

内容
■年齢 28
■性別 女
■資格 税理士
■職歴
 祖父の税理士事務所 2年 
→現在の税理士事務所(6名程度の個人)
■学歴  関西の公立大学理系卒
■会計事務所経験  上記3年
■居住地 関西
■その他
 祖父の事務所で手伝いはしていましたが、
 実質は社会人1年生

2013年3月2日の記事
(参照「20代 税理士試験官報合格者の価値」)
でご回答いただきましたokaと申します。その後、高橋先生の貴重な助言のおかげもありほぼ当初の希望通りの就職をすることができました。
本当にありがとうございました!!
現在、その事務所に勤務して1年程経過しましたが、そこでまたアドバイスをいただきたくコメントさせていただきます。

現在の事務所の先生や職員の方はとても面倒見がよく、よくしていただいています。
人間関係は良好だと思っています。
ただ、内勤のポジションでした(元々外回りはそんなにないと聞いていましたが、全くないとは思いませんでした。)
お客様の顔もほとんど見たことがありません。打ち合わせ等も同席していないので、先生との連携ができおらずお客様に同じ質問をしてしまったことや誤った処理をしてしまったことが何度もあります。

せっかく税理士になれたのに内勤で外に出るのはお使いのみの現状に疑問を感じはじめました。今すぐ転職するのは時期尚早かと思っていますが、いつかは転職すべきだと考えています。
Q. 1 
今の私のような状態だと何年くらいで転職するのがベストでしょうか?

また現在の事務所は上の層が厚いので、数年働いたくらいでは今のポジションから抜け出せることはなさそうです。 年収もOLの友人より安いか同じくらいで、社会保険もついていないので、将来に不安を感じています。
Q.2
私のような場合のお給料もどれくらいが相場か教えていただきたいです。

長文でまとまりのない文章になってしまいましたが、アドバイスいただけると嬉しいです。宜しくお願い致します。

A.1
まずは、遅くなりましたが転職おめでとうございます。あれから1年以上が経ちますか。早いですね。
仕事に慣れてきて、向上心の方が現状を上回っておられるようですね。

落ち着いた小さな会計事務所の良い点はじっくり仕事を覚えられる点ですが、ゆっくり過ぎて事案や刺激が少なくて物足りなくなることもあります。もう少し大きい事務所、前回書いた、
―抄醗数30名以上の税理士法人で、体育会系・営業系の色が強くない、オールラウンドの事務所
の方がoka様には良かったのかも。今のままなら長居は必要ないかもしれません。

それでも、さすがにまだ1年なので、もう少し頑張ってみましょうか。
その間に漫然と同じ仕事をするのではなく、
 ・より速く、より正確に作業ができるようにする。
 ・相続税法に合格しているので資産税に手を上げてみる。
 ・営業の機会に恵まれないので、経営・営業の本を読む。
 ・恋愛・結婚等 プライベートを充実させる。
等、目的をもって日々を過ごしたらいかがでしょうか。

A.2
会計事務所は零細企業が多いので、給料は実際に働いた分に応じて、また、所長先生の置かれた状況や考え方で変わります。一般化はあまり意味がありません。

それでもあえて言うなら一般的には、官報合格者で実務経験3年なら、女性でも年収400万円にはなります。
(残業が多い、厳しい中堅・大手なら500万円以上もあり得ます)

ただ、現状を読む限りほとんど残業がないなら300万円前後でもやむを得ないような働きぶりに思えます。
残念ながら、給与の面でもoka様の実力を生かしているとは言えないと思います。

oka様に外回りをさせない理由は
(1)先輩(特に男性)は外回りしているので順番が回らない
(2)製販分離をすすめている(女性は原則入力のみ)
(3)税理士2世?だから
などが考えられます。

(1)は停滞する年配所長の小規模事務所の弱点です。
ただ、先輩が辞めれば、突然お客様訪問が増えるかもしれません。

(2)外回りには、従来以上に高いコミュニケーション能力や幅広い知識が求められ、男性担当者を中小企業の社長は好むことが多いので外回りは男性、女性は内勤という形の製販分離も増えてきています。
なお、最近は、お客様訪問は減っており、来客型が増え、場合によってはメールや電話のやり取りのみというお客様も出てきています。このため、お客様との接点は減る傾向にあります。
以前のように「月次巡回監査(+自計化)」絶対という時代ではなくなってきています。

(3)oka様のようなケースは間(親)が飛んでいるので税理士2世というのでしょうか。それとも3世?
事業承継でいつ退職するかわからないので、所長によっては2世を採用しないところもあります。採用しても退職をおそれて担当をつけないでバックオフィス業務ばかりという会計事務所もあります。

外回りしたい旨をリクエストして、それでもあと1〜2年たっても全く状況が改善しないなら、違う事務所に転職してもいいでしょう。その際は、もう少し大きめの会計事務所で、外回りをさせてくれるのか、資産税業務をやらせてくれるのか、そして年収を参考に決めると良いと思います。
社会保険は、税理士法人は必須ですが個人事務所は任意加入です(私は社会保険加入事務所に勤務していましたし、個人事務所経営の時代も途中からは社会保険に加入していました)。気になる場合は求人票で確認しましょう。
でも、もしかしたら希望の会計事務所・税理士法人に採用されなければ、タイミングを見て祖父の税理士事務所に戻って事業承継したり、ご自身で新規に独立した方が良いかもしれません。

=====================
税理士法人TOTALでは、現在税理士2世の方が4名頑張ってくれています。
税理士登録をしている人も、していない人も、それぞれ担当を持ってもらっていたり、この後すぐに担当を持つ予定になっています(お一人、今まで受験優先の「受験スタッフ」がおられますが、税理士試験後に「正社員」になってくれることになりました)。Mさん、よろしくお願いします。
=====================


※なお、この件に関するコメントは下記のコメント欄をご利用ください。

新規のご質問はここをクリック してください。

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

Profile
自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・借入相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

■ 東京本部(秋葉原駅)
TEL 03-5577-5065
■ 新宿本部(新宿三丁目駅)
TEL 03-6380-0839
■ 横浜本部(横浜駅)
TEL 045-900-9031
■ さいたま本部(大宮駅)
TEL 048-606-9040
■ 西東京本部(田無駅)
TEL 042-464-8390
■ 所沢・東村山本部(新秋津駅)
TEL 042-395-3044
■ 船橋駅前本部(船橋駅)
TEL 047-770-9000
■ 船橋塚田本部(塚田駅)
TEL 047-438-3001


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALの求人情報については
詳しくは当社HPで
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索
最新トラックバック