2013年04月

2013年04月28日

40代からの会計事務所転職と税理士資格取得

税理士法人TOTALの税理士 高橋寿克です。

S様よりのご質問です。
内容:
■年齢  42歳
■性別  女 
■資格  簿記1級、宅建合格者
     簿記論・財務諸表論(消費税受験中)
     全て、学生時代の2年間のみ 
■職歴  学校事務6年、派遣事務 2年
     会計事務所 2年
■学 歴 専門学校卒
■会計事務所経験 2年パート 入力スタッフ
■居住地 愛知県 名古屋市以外
■その他 家庭と仕事の両立中

将来は、税理士を目指して、40歳から主婦・子育て・仕事をしながら勉強を再開した者です。
質問は、「転職の可能性」と「受験専念の先に」ついてです。
 
今は、小規模(所長含めて8人)の会計事務所で入力スタッフとして働いています。
ずっと働こうと思っていましたが、所長より「貴方はうちの事務所には合わない」と、解雇を促されました。
具体的な理由は、「ミスが多い、真剣さが感じられない」との事。
スタッフ間では「一緒に頑張ろう」と、環境もよく残念でしたが、経営者とコミュニケーションが取れなかった自分の能力不足、姿勢に甘さもあったのかと、自問自答しながら辞める事にしました。お仕事の内容は、会計ソフトへの入力、電話・来客対応などで、入力も月次決算までで、年末調整や決算、各種届出事務はした事がありません。

そこで、お尋ねしたいのが
Q.1 転職に私の実務経験は役にたちますか
Q.2 年齢的に転職先があるかどうか
Q.3 転職先がなかった場合、受験専念で合格して可能性があるか否か
   
事務所を辞める私は、振り出しに戻ってしまいました。年齢や辞めた理由を考えると、以前よりも状況は厳しいと思っています。
 
事務所への転職が叶わなくても自分で出来る努力を続けながら、何かの仕事には就くつもりです。。何卒、よろしくお願い致します。

A.
税理士法人TOTALは、最近の年間離職率は10%くらいです。
うちは転勤族の主婦のパートの方も多いのでそのうち半分(全体では5%)が旦那さんの転勤等,家庭の事情による退職で、実質離職率は5%くらいです。
そのうちの半分(2.5%)は採用のミスマッチ、
残り(2.5%)が、独立、他業種への転職、体調不良等になります。
直近の採用は旦那さんの転勤1名を除いて1年半近く誰も退職していませんし、だいぶ落ち着いてきましたがまだまだです。
旦那さんの転勤は避けられませんが(多店舗展開して受け皿は増やします)、採用のミスマッチを減らして実質年間離職率を優良上場企業並みの3〜4%にするのが現在の目標です。
会計事務所・税理士事務所の離職率」についてはこちら

私が以前は苦手にしていたのが40代以上の方の処遇です。
若いスタッフと同じような成長、同じような作業の速さと精度を求めて、負荷をかけすぎて、自分から辞めていかれた方が何人もおられました。年齢によって仕事の仕方、教育の仕方が違うということを理解していなかったのです。
その方たちの中には、税理士法人TOTALをやめたのち、50代で税理士資格をおとりになって、人柄を評価され今や税理士法人の代表社員をしている方、若いころの職歴を生かした専門性のある税理士として活躍している方、自分のペースで働ける会計事務所に移ってのんびりと働いている方など、多くの方がそれぞれの場所で頑張っておられます。
私が若すぎて、上手に雇用してあげられなかったのです。

今回、井上会計との合流で、たくさんの年上の「部下」を持つことになりました。
私自身も年齢を重ね経験を積んできたせいか、彼ら・彼女たちの高いコミュニケーション能力、細かな気づき、しっかりした礼儀等
年の功」の良さを感じることが多く、学ばせていただいています。今回の会計事務所合併は今のところ想像以上に順調に進んでいます。
(TOTALに合流してもいいという先生がおられましたら、ご連絡ください)

A.1 
会計事務所の経験が2年、事務経験は通算10年あります。
入力経験があり、一通りの流れも経験しています。
もちろん転職に実務経験は役に立ちます。


A.2 
実務経験、2科目持ち、税法勉強中、
転職先はあると思います。

ただ、会計事務所は零細企業なので所長と合うかどうかが最も重要で、なおかつ、所長税理士は職人肌のため、経営者としては未熟で、年上の部下を使うのが得意でないことが多いでしょう。

勤務していた(いる?)会計事務所は8名の職員なら、会計事務所としては小規模というより中規模と言っていいかもしれません。
税理士の平均年齢は60歳以上です。小規模の所長税理士の中には、50代・60代の方も多く、お客様もそれなりの年齢のため、職員も20代よりは40代経験者の方が良いという税理士もいます。
実はそういう会計事務所の方が、単価が高くて良いお客様の比率が高かったりします。

Q.3
上記の税理士法人TOTALに在籍していた方々は採用時に、代表社員は50代3科目未経験、専門税理士は40代後半未経験4科目、その他40代未経験有資格者等でしたが採用しました(全員女性です)。

有資格者、科目が進んだ者を即戦力、後継者として採用したい会計事務所はいくらでもあります。

S様の場合、所長が若い、成長著しい事務所で作業のスピードと精度を競うのはやめた方が良いでしょう。
40代後半以上の所長の事務所なら、丹念に探せば、S様を必要とする会計事務所があると思います。

====================
税理士は、無資格職員がお客様を担当していますが、士業の中では異常です。
医師以外の職員が手術をしたり、助手が歯を治療するようなものです。司法書士なら、無資格者の立ち合いは懲戒事由です。長い目で見ると税理士以外の担当者は減るでしょう。現状でも法律的には税理士しか税務相談はできないことになっています。税理士が余り始めており、登録者以外の担当を禁じる法律改正・運用変更が将来も絶対ないとは言い切れません。
今、重宝されている無資格担当者は将来は不要になる危険性があります。TOTALでは現在、総勢70名の内、26名が士業資格者で、24名が資格試験の受験生です。外回り担当者には主婦を除き、資格の勉強をしてもらっています。
====================


2013年04月03日

会計事務所の就職はミスマッチ 買い手市場?それとも 売り手市場?

東京都・千葉県の税理士法人TOTAL代表
税理士の高橋寿克です。

税理士法人TOTALは、会計事務所のハイシーズン、確定申告は終わり、今週はひと段落。

もっとも忙しいのはスタッフの皆さんで、
私は、個人の確定申告は資産税関係以外、ほとんど関与していないので
みんなが忙しい分、暇でしたが…
(スタッフには申し訳ないけど、実はスタッフからの問い合わせが減って、私は一年中で一番閑かも)。

ちなみに、経営者なので、私の忙しさは一年中似たようなもの。
意外と皆さんが閑な8月は、就職シーズンでちょっとだけ普段より忙しかったり。
それでも 「忙しい」と大騒ぎするほどのものではありません。

土日は桜をのんびり眺めたり、情報収集で他の事務所や求人業者のサイトをネットサーフィンしたり…。

ネットサーフィンをしていてわかったこと。

実は今、会計事務所の就職状況はミスマッチが拡大しているってことです。

会計事務所の就職活動において
 ・「買い手市場」
  「会計事務所」が人を採用しやすい状況。
 ・「売り手市場」
  「就職希望者」が就職しやすい状況

おそらく、これを読んでくれている就職希望者、特に未経験者の方の多くは、就職市場は「買い手市場」だと感じているでしょう。
簿記3級程度ならともかく、簿記論、財務諸表論の合格があっても、大学院免除で有資格者でもたくさん履歴書を書いているのになかなか会計事務所に決まらない。
(これって普通の就活と変わらないですね。)

逆に、会計事務所経営者は、普通にあいさつができる「まともな人」がいない、「売り手市場」で困ったなあと思っている人が多いはずです。
実際、求人募集に対する反応は落ちてきており、税理士法人TOTALでも募集する人材の数に達せず、
「人材ドラフト」等の外部の有償媒体を使っています。
大原簿記専門学校の就職情報誌「WIN」やTACの「CAREER」もだいぶ以前の厚さも戻ってきていますし、
人材ドラフトのようなネット媒体は正確に数えていませんが、おそらく今が過去最高レベルの求人の出稿ではないでしょうか。すごい数の会計事務所が求人しています。
====================
税理士法人TOTALの「人材ドラフト」への掲載は予算の都合で4月上旬に終わりますが、一年を通じて自社ホームページで募集しています。
よろしければ税理士法人TOTALの採用ページをご覧いただけると幸いです。ご応募お待ちしています。
====================


以前に比べて退職する人が減っており、良い人材は動かなくなりました。また、ちょっと前の公認会計士試験の惨状で会計業界に新規で参入してくる人材も細っています。
一方で、会計事務所の優劣ははっきりしてきており、上位の少数の税理士事務所にお客様が急速に集中しつつあります。
(税理士法人TOTALは幸い、選ばれている側なので助かっています)
残念ながら、顧問料は下がり続けているので、お客様が増えている会計事務所経営者は、いかに良質な職員を予算の範囲内で確保できるかに頭を悩まされることになります。

会計事務所経営者が就職希望者に求める資質は
(1)専門知識
 簿記論、財務諸表論はもちろん、法人税、消費税、相続税
(2)作業処理能力
 スピードと正確性が求められます。
(3)コミュニケーション能力
 社長さんや資産家を担当するには、気づき、気遣いが必要です
 会計事務所も大型化、機能分化がはじまっているので
 他の職員とうまく連携する組織適性もコミュニケーション能力が必要です。

従来、会計事務所の仕事のスタイルは一人完結型が多かったため、(1)、(2)が重視されました。
税理士試験の3科目合格以上が選ばれるのは(1)、そして会計事務所経験者が好まれたのは教育コストまで考えると(2)が優れているからです。
小さい事務所なら、所長が訪問して職員は作業処理をすれば、また、月次巡回監査を担当者がしても毎月の訪問の中でじっくり経験を積んで人間関係を作れれば、(3)はあまり重視する必要がなかったのでしょう。

他業界の営業で通用してきた人が少ない(もともと営業を嫌ったり避けてくる人が多い)会計業界では、組織に向いた(3)の優れた人材は不足がちです。一方でコンピューターの発達とマニュアル化で中途半端な会計事務所経験はあまり重視されなくなっていきます。

最近では、お客様を増やしている会計事務所ほど、サービス業化し、また分業も進んでいるのでコミュニケーション能力を重視し、このため、準大手の一部などでは、税理士試験の科目合格者・経験者より、コミュニケーション能力に優れて洗脳しやすい会計事務所未経験者を精神教育し、税理士試験の受験をしない・重視しない人間を作って、長時間労働で生産性を上げようとしているのかなという例もあります。
もっとも、会計事務所経営者からすると、あいさつがきちんとできない、仕事に対する責任感がない身勝手な受験生が増えて最低限の精神教育が必要になってしまったという思いも理解できますが。

この構造・変化に税理士受験生が気付かないので、ミスマッチが生じやすくなっているように思います。

ただ、仕事を優先して、税理士試験をおろそかにし過ぎると、将来、逆風が吹いたり転職するときに危険になります。
税理士受験生には、初心を忘れずに、大変ですが仕事と勉強の両立を頑張って、税理士にいつかなってもらいたいと思います。

===================
税理士法人TOTALでは(2)、(3)のバランスが取れた人材を採用し、じっくり育てたいと思っています。
最初から複数科目合格であればもちろん高く評価しますが、仕事と勉強の両立を支援すれば徐々に知識は身に着きます。OJTや一定の社内教育もしていますが、試験と実務は違います。税理士試験の受験勉強は専門知識を獲得する一番の近道だと思っています(税理士試験はスピードと記憶の定着を図るので、(1)と(2)の訓練には最適です)。

実際に働き始めると、(2)や(3)が欠けている人も残念ながらいます。その時は、適材適所で処遇し、足りない部分はバックアップするようにしています。
自分で言うのもなんですが、仕事と勉強の両立を支援し、その後も、医療や資産税等の専門人材を目指したり、教育、管理、営業とキャリアプランを用意でき、色々な仕組み、色々な可能性がある税理士法人TOTALは結構いい会計事務所ではないかと勝手に思っているのですが。
===================



※なお、ご質問はここをクリック

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

2013年04月01日

税理士法人TOTALと井上総合会計事務所は合併しました。

税理士法人TOTALは井上総合会計事務所(井上貴司税理士 新宿区)
平成25年4月1日をもって合併いたします。

業務拡張に備えて合併に先立ち、税理士法人TOTALの新宿本部は
新宿区新宿3-11-10 新宿311ビル2F
 に移転しました。
新宿三丁目駅1分 電話番号は03-6380-0839
で変わりません。

新宿本部出店から1年経たずに引っ越しで、移転費用が高くついてちょっと痛いですが
うれしい悲鳴でもあります。

井上総合会計事務所は、創業24年の歴史を誇り
  ,客様とのコミュニケーションを大切にする、
 ◆,客様のビジョンを共有する、
  問題解決に向けてベストを尽くす
という基本スタンスで仕事に取り組んでこられ、
医業経営コンサルタント、CFPとしての実績も豊富で医療系のお客様に特に強みをお持ちです。

税理士・司法書士・行政書士事務所 TOTALは、
ゝ業支援・中堅企業サポート、∋饂裟如柄蠡魁事業承継対策)に加えて、0緡典ヾ悗離汽檗璽箸髻幅広くTOTALに行っておりましたが、
合併後は70名規模の総合士業事務所になります。
お互いの強みを生かし、1+1が単なる足し算ではなく、3にも4にもなるように頑張りたいと思っています。

個人的には、井上税理士は早稲田大学の大先輩であり、最初に会った時から話しやすく(気を使っていただいたのでしょう)、この合併はうまくいくという直感が働きました。60歳を超えてもなお、営業の一線で体を張って、楽しそうにお客様を増やしている姿をたのもしく、うれしく思います。

井上税理士は、もちろん引退するわけではありません。一部で情報がうまく伝わらなかったとお聞きしています。ご心配をおかけし申し訳ありません。
社員税理士(「一般企業で言う「取締役」です)として現役バリバリにお客様の担当、営業をしていただくことになっています。
また、井上会計の10名の新しいスタッフと合流してどんな仕事が生まれ、できるのか私自身楽しみです。

井上総合会計から合流していただいたお客様、そして従来からの税理士法人TOTALのお客様のために私も、井上税理士に負けないように、精進努力したいと思います。
はじめまして、そしてこれからもよろしくお願いします。

 平成25年4月1日

     税理士法人 TOTAL
     代表社員  高橋寿克

Profile
自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・借入相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

■ 東京本部(秋葉原駅)
TEL 03-5577-5065
■ 新宿本部(新宿三丁目駅)
TEL 03-6380-0839
■ 横浜本部(横浜駅)
TEL 045-900-9031
■ さいたま本部(大宮駅)
TEL 048-606-9040
■ 西東京本部(田無駅)
TEL 042-464-8390
■ 所沢・東村山本部(新秋津駅)
TEL 042-395-3044
■ 船橋駅前本部(船橋駅)
TEL 047-770-9000
■ 船橋塚田本部(塚田駅)
TEL 047-438-3001


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALの求人情報については
詳しくは当社HPで
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索
最新トラックバック