2013年03月

2013年03月28日

会計事務所「経験者」の再就職

会計事務所経験者の方は
会計事務所はどういう職場か具体的にイメージがありことでしょう。

零細事務所
中小事務所
中堅会計事務所・税理士法人
業種特化型事務所
大規模税理士法人
4大税理士法人(BIG4)

一般的には以下のとおりですが
税理士事務所・会計事務所の分類はこちら

「危険な税理士事務所の見分け方・こんな会計事務所は選んではいけない」

3年以上の経験があれば、BIG4や一部大手法人以外はかなり選べる立場ですよね。
それゆえ、経験者の方は自分が次の職場になにを求めるかを明確に意識すべきでしょう。

より給与水準が高い方がいいのか
より専門的な知識を求めるのか
先生の高齢を心配し、事務所の永続性を求めるのか
特定の業種に特化したいのか
営業やマネジメントを学びたいのか
家庭との両立を求めるのか
国際的な大きな仕事がしたいのか

その場合に他の条件はどこまで譲れるのか
もし安定して働きたいなら注意点は

(1)その会計事務所の離職率を確認すること
離職率の高さは職場の欠陥の証明です。
1〜3年の離職状況を確認しましょう。

「会計事務所・税理士事務所の離職率」についてはこちら

(2)所長に直接お会いして疑問点を確認すること
会計事務所はBIG4系以外、大手でも所長・代表社員しだいです。
合わない上司の下ではつらいでしょう。

以上2点は確認することをおすすめします。

また、会計事務所「経験者」が再就職を希望するような
中堅以上の多くの事務所ではホームページを持っています。
じっくりとホームページをご覧になり
きちんと比較検討しましょう。

ただし、ホームページは事務所からの広告に過ぎません。
必ず実態とあっているというわけではありません。
採用ページは特に良いことを書く傾向が強くなります。

=============
うちのホームページは、
悪いこと?も大分書いているので
応募の際に驚かれる方が多いようです。
入社後、スタッフに確認しても
イメージどおりだといわれることが多いですよ(笑)
=============

大手クラスだと、広告慣れしているため
一部に悪質な誇大広告も見られます。
特定の事務所を批判するのはこのサイトの趣旨に反するので
2ちゃんねる等、匿名有名サイトで悪質な会計事務所・税理士法人は確認しましょう。

大きな事務所は多少の批判は有名税でやむを得ません。誹謗中傷もありえます。
(うちも実は書き込まれたことがあります)
ただ、火のないところに煙は立たないという言葉もあります。

感情や意見表明を省いて、どこがどう批判されているのか
事実が何なのかじっくり読んで考えてみましょう。

ちなみに、税理士事務所別の登録税理士数は、日税連のHPで確認できます。
「税理士 検索」でページを出して
https://www.zeirishikensaku.jp/sch/zs_sch0.asp
「条件を指定して検索したい場合」の「税理士」を選択
https://www.zeirishikensaku.jp/sch/zs_sch3.asp
「事務所名」に就職希望会計事務所を入れればすべて出てきます。
(ここでは登録していないいわゆる「税理士有資格者」は検索できません)
税理士の登録年月日も出ていますので、キャリアの想像はしやすいでしょう。

業務水準を維持しようとすると、税理士一人で職員10人超は見れないので
標準的会計事務所なら、税理士有資格者が社員数の10分の1以上が望ましいでしょう。
営業力が強く、業務水準が低い事務所は
所長・代表社員と営業を行う(業務を見る余裕がない)店長クラス以外、税理士がほとんどいないことがあります。
最近では、従業員100人を超える準大手でもこのタイプが目立ってきました。
税理士になる気がないなら、悪い選択ではありません。給与は業界平均よりは高く、頑張った分は評価されます。
ただ、税理士試験は、暗記とスピードが重要な試験です。若さが一番の武器です。今より若い瞬間はありません。
税理士受験生にはおすすめできません。有資格者になってから求人に応募するのは問題ありません。
税理士が少ない場合、当たり前ですが業務水準は規模の割に低くなります。

きちんと転職先を選んでも、経験者の転職は、意外につらいものがあります。
謙虚な気持ちで次の職場でがんばってください。

=================
私は一度だけ税理士事務所の転職しています。詳しくはこちら
=================




※なお、ご質問はこちらから

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

2013年03月19日

独立志向の強い税理士二世の進路

税理士法人TOTALの税理士 高橋寿克です。

今週は、新宿本部の拡張に伴う引っ越しです。
確定申告明けなのに、引っ越しの手伝いで休日出社の一部スタッフの方、お疲れ様です。お手数をおかけします。
税理士法人TOTALでは、引き続き、スタッフの求人活動を続けています。ご応募お待ちしています。

O様よりのご質問です。
内容:
■年 齢  25歳
■性 別  男
■資 格  税理士試験3科目合格(簿記論、財務諸表論、消費税法) 
■職 歴  税理士法人 1年2ヶ月 勤務
■学 歴  関関同立
■会計事務所経験 20名ほどの税理士法人で内勤担当
■居住地  関西
■その他、特殊事情 
・既婚
・税理士2世(兄が会計士として別の事務所で独立しており、父は2人で税理士法人を経営してほしいようですが、私は兄と折り合いが悪く、承継する意思が低いです)
・難病有り(普段の仕事に影響は全くありませんが、激務だけならまだしも、勉強と両立させることは難しいです)

高橋先生、はじめまして。
いつも先生の記事を読ませて頂いております。

先生に今回質問させて頂きたい内容は
「転職すべきかどうか、それとも専念をすべきか」
についてです。

私が現在の事務所の退所を考える理由としては以下の3つがあります。
1.残業時間が多い
 休日出勤もありこの1年税理士試験の勉強ができていない。
2.希望している職務を任せてもらえない
 自分から税務申告について学び、任せて頂くなど、自分としてはどうせ残業するなど仕事に打ち込むなら様々な仕事をしたいのですが、担当を任せる予定はないと事務所から言われ、内勤ばかりとなっています。
3.給与が安い
 担当を持っていないなどの上記の理由で給与が抑えられています。
私個人としては、税務申告をこなしたり、単純作業を自動化するツールを作成したり
(事務所内だけでなく、顧問先にも実施して臨時報酬を頂いたこともあります)
向上心を持って業務に取り組んでいますが、私個人への報酬に結びついていません。

以上の理由から、自分のこれからのキャリア形成に不安を感じ、
職歴が1年ほどしかないのにこれから仕事や勉強をどのようにすればよいか悩んでいます。
自分は35歳までには資産税などの専門性を持ったスペシャリストとして独立をしたいと考えております。そこに至るまでのキャリア形成をどのようにすればよいのでしょうか。
よろしければご助言の程、宜しくお願い致します。

A.
最近は、税理士業界も競争が激しくなり、会計事務所は一件につき20万円前後のコストをかけてお客様を獲得するのが普通になってきました。
このため、のれん分けはほぼなくなり、それとともに、職員の独立に際してトラブルが増えています。

職員からするとお客様が選べば(極端なケースでは選んだと言わせれば)問題ないと考えるのかもしれませんが、
税理士法人としては、職員が勤務時代のお客様を持って独立するのは許容できないでしょう。
お客様の情報は企業秘密であり、これについてきちんと法的にも制約をかけている民間企業も多いと思います。

ちょっと話をすれば、20人規模の会計事務所の経営者なら、隠しても職員の志向・思考はある程度読めるはずです。
もし、他の職員が三科目持ちで担当を持っており、O様だけが担当を持っていないのだとしたら、また、科目合格が進んでも担当を持たせないのだとしたら、
O様が税理士二世で持ち逃げリスクが高いか、
O様の顔をみて、独立志向が強く、自社はステップ台で早くいなくなる
と勤務先の経営者は感じているのかもしれません。
それならば、採用しなければいいのでしょうが、求人しても人が足りないので、勉強が進んでいる作業者として使おうとしているのかもしれません。

========================
税理士法人TOTALは、税理士二世も独立希望者も採用しており担当もたくさんもってもらっていますが、担当していた会社を持っての独立は禁止しています。
税理士業務のノウハウはいくらでも差し上げるし、よりキャリアアップできるよう経験も積ませていますし、希望者には適性があれば「営業」をしてもらいますが、お客様は税理士法人TOTALの信用でコストをかけて獲得したものです。
税理士登録には協力的ですし、独立も止めませんが、お客様の持ち逃げには厳しく対処します。
税理士法人TOTALの出身者の独立はすでに8名を数えました。思えばずいぶん多くの開業税理士を輩出していますね。独立組は頑張っている人も、マイペースの人も、苦労している人もいます。
税理士法人TOTALは現在、税理士(有資格者含む)は13名在籍し、ますます増える傾向にあります。このほか、他の会計事務所に転職した税理士も7名です。

うちの独立希望者に対しては
TOTALと違うスタイルで仕事をしたい、私より上手にできるというなら、どうぞ頑張ってやってみてください。
私は、ゼロからお客様を開拓し全力で休まず頑張ってきましたが、今でもそんなに楽はできていないし、40代以下に楽をしている会計人は(二世を除くと)ほとんどいないのを知っていますから、開業はそんなには甘くないですよ。私が言っても理解できないでしょうから、やりたい方はおやりなさい。苦労するのも人生のうちです。
正々堂々、業界で争いましょう。
というのが、今の私の率直な胸の内です。
========================

お父様も、おそらくお若いであろうお兄様も会計事務所を別々に経営しているように、O様の一族はよほど独立に向いているのでしょう。
それゆえ、個性がぶつかり合うって兄弟での税理士法人化は難しいのかもしれませんね。

会計事務所1年ちょっとでの税理士二世の転職は、普通の会計事務所では残念ながらあまり評価はされないでしょう。
このタイミングでの転職は、あまりお勧めしにくいですね。

健康状態も心配ですし、ここは、私なら、お勧めする選択は3つ
\罵士試験受験に専念して2科目を取り、その後、お父様の会計事務所に就職する。
∪罵士試験受験に専念して相続税法を含む2科目を合格し、資産税の強い事務所に就職する。
(年収が400万円前後なら)今の事務所にあと2年くらい在籍して、その後、受験に専念する。
本当は20名の会計事務所だとしたら、通算3年くらいいれば学ぶことも多いはずです。
一般的には3年程度は最初の職場にいた方が、その後の職業人生にプラスになるのですが。
パート並み扱いで年収300万円未満なら,△任后

=======================
私自身は、最初の会計事務所は20名近いところで5年近く在籍しました。
税理士法人TOTALでも使っている会計業務の基礎を徹底して教えていただきました。

勤務時代の恩師Y先生とは、同じ市内での開業ですので、遠慮があってなかなかお声掛けできませんでしたが、
昨年、15年ぶりにお酒を飲みました

先生は、72歳にして、今でも10人の部下を抱え、一線で前向きに税理士業務をなさっています。
頭が下がります(私はその年齢になる前に引退したいですが)。

私の独立後の頑張りを喜んでくれて、長い時間、2人で飲み続けました。
先輩経営者・税理士としての知恵をいくつも教えていただきました。
=======================

なお、O様は資産税の独立を希望しておられます。
資産税に活路を見出そうというのは一つの方法です。
ただ、他の税理士も考えることは同じなので、実は、もう競争が始まっています。

税理士法人TOTALも資産税は私が先頭に立って営業・技術の強化しており、ここ数年でたくさんのお取引様からご紹介をいただけるようになりました。ありがたいことです。
私は農家の長男(12代目)で、両親は元は市内有数の働き者の農家で(今も現役です)、父は資産家・農協の幹部なので助かっていますし、技術・業務品質にもこだわっているので、選んでいただいております。
ますます強化して、資産税事務所としても日本一を目指しています。

資産税は、信用による紹介が一番強く、このあと、大手会計事務所による寡占化が進むと思います。
(たとえば、某都市銀行の資産税はわずか2つの会計事務所以外扱えません。)

資産税は偏在が激しく、現状でも年間1件も相続税の申告をしない税理士の方が多いはずです。

インターネットでの集客も可能ですが(年齢層的に他の業務よりは少なくなります。)、法人と違って一見のお客様なので、リスクコントロールできる技術がないと危険もあります。
税務調査はもとより、最近では、他の税理士がした申告のミスを見直す営業をかける税理士も増えており、技術が高くないと訴訟を抱えかねません。

資産税専門の会計事務所に勤務すれば処理ノウハウの蓄積は可能ですが、
O様の独立を希望する10年後では、おそらくかなり業界地図は変わっていると思います。
ネットでの集客は、会社設立のところは価格が下がり・広告費は上がり資金力勝負になっているように、いずれ資産税も同様の資金力勝負になっていくでしょう。
勤務先の資産税の会計事務所のお客様を持っていくのは難しいし、独立を早めても30代前半の税理士に資産家を紹介する方は残念ながら少ないかもしれません。
もちろん、そんなことは当然承知して勝負を挑んで、勝っていく若いチャレンジャーは常に生まれ続けますし、
O様はそういうタイプなのかもしれませんね。



2013年03月02日

20代 税理士試験官報合格者の価値

東京都千代田区・新宿区と千葉県船橋市の税理士法人TOTALの税理士 高橋寿克です。

船橋本部で、5月から産休に入られる方が同時に2名います。これで、産休・育休中のスタッフは4名になります。

また、船橋本部の「看板娘」(くわしくはこちら)を務めてくれていたSさんが、ご主人の栄転・転勤で退職なさいます。

このため、船橋本部で入力補助者・庶務・総務要員(パート・スタッフ)を2名募集しています。
簿記三級程度の知識か、一般企業での5年程度の正社員経験のいずれかがあれば会計事務所・経理経験は不問です。
船橋本部のお近くの方、ぜひご応募お待ちしています。

なお、東京本部や新宿本部も含めて、会計事務所経験者・複数科目合格者も不足しています。こちらもあわせてよろしくお願いします。
(税理士法人TOTALでは各本部とも業務の拡大に伴って通年採用を行っています)


それでは
oka様よりのご質問です。
内容:
■年齢  27
■性別  女
■資格  簿記論、財務諸表論、法人税法、
      相続税法、消費税法
■職歴  大学卒業後親族の税理士事務所
     (事務所規模 親族1名+私)
      にて一般事務
■学歴  関西の公立大学理系卒
■居住地 関西

偶然こちらのブログに辿り着き、大変興味深い記事を沢山拝見させて頂いております。
そこで、私自身もアドバイスを頂きたいと思い、質問させて頂きました。

この度、先走り税理士登録を致しました。
しかし、税理士補助経験ありと言ってもデータ入力程度で、ひとりでは申告書作成までできません。また、事実上社会人経験がありませんので、採用では敬遠されるような気がして不安です。
私としては、繁忙期以外は激務ではなく、教育制度の整った環境で基礎からじっくりと実務を覚えていきたいと考えております。

Q.
私のような場合はどの程度の規模の事務所を探すのが無難でしょうか?
未経験者可の求人のみ応募した方がいいのでしょうか?

A.
官報合格、そして税理士登録おめでとうございます。

会計事務所は就職難だと言う方がいます。
,曚箸鵑媛別楾膤覆靴討い覆ぁ複亜腺渦別棔砲里法△笋覽い鯀覆┐堂燭箸なると思っている30歳前後の男性
▲▲襯丱ぅ醗奮阿亮匆饋遊亳海發覆、30歳くらいで大学院免除になった方
アルバイト以外の社会人経験もなく、ずっと30歳まで試験勉強を続けてきた方
30半ばにして勉強を始めた、職歴・学歴に特に見るべき点がない方
こういった方にとっては正社員になるのが厳しくなっているのは事実です。
(女性の場合は、パートでよければ依然として間口はかなり広いです)

税理士は、挫折組が多く、年齢がある程度いってもキャリアチェンジができる数少ない資格だと思います。
それでも、これだけ社会全体が縮小し、上位への寡占や効率化が進むと、
会計事務所のセーフティーネット機能はだいぶ低下してきています。

ただ、全国で、20代の税理士は数百名、約1%しかいません。
20代半ばで試験で税理士登録している人はもっと少ないでしょう。
官報合格者なら、税理士試験受験のために辞める理由もないし、税法の知識は十分だし
すでに登録も終わっているので、金銭的にも時間的にもコストがかかりません。
会計事務所にとってはありがたい存在です。

税理士法人TOTALでも、経験が浅い・無い官報合格者が3名在籍していますが
率直に言って、oka様は関東在住なら、うちに来てもらいたいような方です。

実際には、中堅以上の会計事務所では、最近、人手不足で困っているところが多いです。
経験がある人、勉強が進んでいる人にとっては売り手市場です。

ただ、官報合格者にはそれなりの給料を払う会計事務所が多いので
どうしても最初からある程度の結果を期待されます。

会計事務所は、親戚の事務所で勤務しておわかりのように、個人事業そのもので、
零細会計事務所や若手の中小事務所には教育機能はあまり期待できません。

なお、親類の会計事務所とはいえ、入力業務を中心に2年以上経験しているので、業界的には立派な経験者です。無理に未経験者可の事務所に限定する理由はありません。

oka様の場合、じっくり育ててくれる税理士法人が良いと思います。
おすすめする選択は2つ
―抄醗数30名以上の税理士法人で、体育会系・営業系の色が強くない、オールラウンドの事務所
oka様のキャリアプラン的には、会計事務所内で申告書作成はしておらず、普通の業務をひととおり広く浅く経験すべき時期でしょう。
いきなり厳しい競争だときついので、比較的定着率が高く
あまり業種・業務(SPC他)等に特化していない、中堅の会計事務所ベストか。

ちなみに、きつい体育会系・営業系の税理士法人の特徴は
男女比が7割以上男性であること(体育会系のノリは男性でないときつい)、
無資格者・女性の後方支援要員を含めたかなり多くのスタッフの個別顔写真があること 
社歴の割に若い人が多く、有資格者の比率が低いなどです。

50歳以上の税理士が主宰する従業員5人以上の会計事務所
45歳以下の税理士が主宰する中小会計事務所は、教育や管理が行き届かないところが多いのでoka様にはお勧めできません。
また、小さすぎる事務所は事案や刺激が少なくて物足りなくなるでしょう。

経歴やじっくり仕事に取り組みたいという希望から、
営業色が強い、昼間からお客様とお酒を飲むような勢いのある税理士法人や、
夜、終電まで連日のように頑張る会計事務所はあまり向いていない気がします。

,録瑤少ないですが△呂修譴覆蠅砲△襪里廼畚蠅任盡つかるかもしれません。

20代の税理士試験官報合格者はかなり希少です。
自分で、ある程度、会計事務所を選べるはずです。
もちろん、会計事務所によっては求めるのものが違うので、不採用になることもあるでしょう。
官報合格者はすぐ独立や転職で辞める、クライアントを盗られる、給与やプライドが高い等、よく思っていない中小会計事務所の税理士もいなくはありませんから。

初期の会計事務所がどこだったかは、その後の税理士人生に大きく影響します。
じっくり取り組める自分に合った事務所を選んでみてください。


Profile
自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・借入相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

■ 東京本部(秋葉原駅)
TEL 03-5577-5065
■ 新宿本部(新宿三丁目駅)
TEL 03-6380-0839
■ 横浜本部(横浜駅)
TEL 045-900-9031
■ さいたま本部(大宮駅)
TEL 048-606-9040
■ 西東京本部(田無駅)
TEL 042-464-8390
■ 所沢・東村山本部(新秋津駅)
TEL 042-395-3044
■ 船橋駅前本部(船橋駅)
TEL 047-770-9000
■ 船橋塚田本部(塚田駅)
TEL 047-438-3001


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALの求人情報については
詳しくは当社HPで
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索
最新トラックバック