2012年07月

2012年07月31日

高校卒業20代後半の会計事務所就職

税理士事務所・会計事務所の就職情報
税理士法人TOTALの税理士 高橋寿克です。

税理士試験が本日から始まりました。受験生のみなさん、がんばってください。

税理士試験が終わると、採用シーズンです。
税理士法人TOTALも、今回は大原簿記学校の就職説明会に参加します。
船橋本部希望者は選考の上、即日面接をします。東京本部、新宿本部希望者は履歴書をお預かりしたうえで数日中に面接のご連絡をいたします。
(採用が集中する時期ですので、早めに面接を行う予定です)

K様よりのご質問です。
内容
■年齢  26歳
■性別  男
■資格 簿記論合格
■職歴 アルバイトのみ
■学歴 高校卒業
■会計事務所経験 なし
■居住地 不明(ご記入いただけると幸いです)

前年 財務諸表論A判定で、法人税法・財表学習中に両立が困難になり、不本意ながら6月に財表に絞りました。

Q.
今は財務諸表論合格が当面の課題ですが、試験後すぐに就職するか、法人税法の勉強を続けるか悩んでいます。
この1年、法人税法を勉強してみて、自分の能力では、正社員で働きながら法人税合格は到底無理だと痛感します。年齢等のことを考えると、早く就職する方が良いとは思いますが、私の条件で就職した場合、合格科目の範囲でしか仕事をさせてもらえないとすると、躊躇します。

税理士事務所や会計事務所に就職したら、法人税に合格していなくても、指導して頂きながら税務の仕事を覚えることは可能なのでしょうか。


A.
法人税法を合格してから会計事務所に入る人は多くありません(税理士法人TOTALで数えてみましたが、入所時点での必須税法合格者は3割いませんでした)。
法人税法に合格していなくても、多くの会計事務所では、会計入力、資料作成、社内研修、OJTを通じて税務の仕事を順にこなしていけるようになります。

税理士試験で法人税を6月まで勉強したなら一定の知識はあるはずです。
中小、零細事務所ならおそらくそれほど業務に制限はしないことが多いでしょう。
中堅以上の税理士事務所は、事務所の方針によります。事務所によっては、経験を積めば一定の責任ある仕事をしてもらうところもあります。
また、そういう期間が与えられなければ会計事務所を移ることを考えればいいのかもしれません。

法人税法が合格しにくいのは事実で、税理士試験最大の難関です。
私自身2年目で合格しましたが、初年度なぜ落ちたか、2年目どれくらいで合格できたのかわからなかった記憶があります。

K様の受験が今年2年目なら、もう一年、受験に専念しても構いませんが、3年目以降なら早めの就職をお勧めします。
受験専念は3〜4年が普通は限界だろうと思います。それ以上だと、コミュニケーション能力を磨く機会が失われ社会復帰ができにくくなる危険性が増えます。

特にK様の場合は、高校を出てから長く、きちんとした社会人経験がないだけに遅くても来年には就職する必要があるように思います。

仕事は若くして始めた方の方が圧倒的に成長しますし、有利です。考えすぎる前に働いてみるのも良いかもしれませんよ。

公認会計士試験からの転向と、税法の科目選択

税理士事務所・会計事務所の就職情報
税理士法人TOTALの税理士 高橋寿克です。

税理士試験が本日から始まりました。受験生のみなさん、がんばってください。

税理士試験が終わると、採用シーズンです。
税理士法人TOTALも、今回は大原簿記学校の就職説明会に参加します。
船橋本部希望者は選考の上、即日面接をします。東京本部、新宿本部希望者は履歴書をお預かりしたうえで数日中に面接のご連絡をいたします。
(採用が集中する時期ですので、早めに面接を行う予定です)

えぬ 様よりのご質問です。
■年齢 25歳
■性別 男
■資格  全経上級 
     税理士科目の受験歴なし
■職歴  中小企業に一年間勤務
■学歴  専門卒
■会計事務所経験 なし
■居住地 関東

公認会計士の勉強を21歳から始め、3年半専念し不合格だった為、仕事と勉強の両立などの面から税理士へ転向を決めました。
過去の質問を拝見させて頂きましたが、受験専念の期間は3年以内が良いとのことでしたが、私自身も一般的に考えてその通りだと感じます。

Q.1
,垢阿暴⊃Τ萋阿鬚掘⊆け入れて頂ける会計事務所を探す。
経済的な問題はないので、もう1年受験に専念し、3科目合格に向けて勉強後、就職活動を行う。

まだ税理士の勉強を始めていなく、大変恐縮ですが、科目合格を達成したと仮定しても、無職期間が3年半から4年半に延びたことで全経上級のみの現在と比べ、就職が不利になることがあるのかお聞きしたいです。

現在の自分が置かれている立場は理解しているので、10〜20の事務所に落ちたからといってへこんでしまう立場にないですし、受け入れて頂けるだけで一生懸命働きたいです。

そして△凌箆を選択した場合ですが、私自身は会計科目+消費税を考えていたのですが、予備校の講師の方3人に相談したところ、お二方に会計科目+法人税を勧められました。理由は1年後、合格未発表時の就職活動の際にどちらを選択しても、合格していると思うと、どの学生も答えるのは当然であるし、実務でより必要な法人税の受験経験あり、の方が就職に有利とのことでした。実際に求人をみても法人税受験経験ある方優遇、の表記は見かけます。しかし、もうお一方の講師の方には、見るのは結果だけだから、受験経験だけではあってないようなもの、難関であるものの、より合格可能性の高い+消費税を勧められました。

もちろん、どちらを選択しても絶対に合格する気持ちで取り組みますが、

Q.2
この様な状況で税法科目は何を選択したらよろしいか、ご意見頂きたいと思います。

A.1
えぬ様の状況では△鬚勧めします。
そもそも今の状況では,悩陵僂気譴襪箸海蹐両魴錣呂なり厳しい気がします。
仮に採用されるとしたら、
補助的なことしか期待していないか、逆に未経験者を鍛えるかでしょう。
ここでは、1年間きちんと勉強して2科目+α合格する方が、有利だし早く税理士になれると思います。
一般的にも、公認会計士試験から転向する方は、その夏の試験で2科目合格(簿記論・財務諸表論)でなければ1年間受験に専念したほうが、税法の受験の大変さがわかっていいでしょう。

A.2
公認会計士試験からの転向となると、「法人税法」と「消費税法」が「租税法」を学んでいるだけに自然ですね。

一年専念する際の科目は、
大学院に行く気がなければ法人税法、行く可能性があれば法人税法でも消費税法でもいいでしょう。
(ちなみに、大学卒業でなくても大学院に行くことは可能です。)

法人税法は最大の難関です。試験合格を目指すなら、働きながらだと一定水準に達するのも大変です。
中堅以上の会計事務所・税理士法人では3科目以上の合格を要求するところが多いですが
法人税法が、合格レベルに近ければ(B判定以上)、3科目合格に準ずる評価をする会計事務所は多いと思います。

なお、法人税の合格者優遇の表記は、
)/誉任隆霑辰魘気┐詆要がない即戦力に近いこと
∪破,良須科目が終わっているので仕事との両立が可能であること
を評価しています。
,砲弔い討蝋膤覆靴討い覆てもある程度の評価をしてもらえるのです。
理想は法人税ですが、ご自身の能力(キャパシティ=記憶力と情報処理能力の速さ)と相談して決めてみてください。


Profile
自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・借入相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

■ 東京本部(秋葉原駅)
TEL 03-5577-5065
■ 新宿本部(新宿三丁目駅)
TEL 03-6380-0839
■ 横浜本部(横浜駅)
TEL 045-900-9031
■ さいたま本部(大宮駅)
TEL 048-606-9040
■ 立川本部(立川駅)
TEL 042-508-9008
■ 西東京本部(田無駅)
TEL 042-464-8390
■ 船橋駅前本部(船橋駅)
TEL 047-770-9000
■ 船橋塚田本部(塚田駅)
TEL 047-438-3001


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALの求人情報については
詳しくは当社HPで
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索
最新トラックバック