2009年07月

2009年07月16日

税理士試験受験と実務経験

税理士事務所・会計事務所 就職情報
税理士法人TOTALの税理士 高橋寿克です。

けいすけ様からのお問合せです。
■年齢:25歳 
■性別:男性
■資格:無し 簿記検定2級受験予定
■職歴:社会人経験1年(正社員※職種:社内SE)
■学歴:関東圏私立大学(偏差値:53程度)
■会計事務所経験:なし
■居住地:広島※来春関東への再上京を予定(埼玉県周辺)

Q、
今、最も悩んでいるのは、当HPにも記載されている業界未経験者に対する採用基準のハードルの高さです。簿記2級に加え税理士科目の取得も採用基準として必須なのでしょうか。

前職の経験から業務経験の重要性は痛感しており、簿記2級の取得後、すぐさま就職活動を行い(零細〜中堅規模の事務所)就職後、税理士科目を勉強していく事がキャリア形成上良いと考えています。
なお、税理士科目の受験を念頭に入れると講座料の捻出の為アルバイトを増やす必要もあります。

A、
中堅以上の税理士法人に正社員として採用されようと思うと、税理士科目合格はほぼ必須です。
零細会計事務所等なら、科目合格は求められないことも多いでしょう。

SEの場合は資格より、どんな実務をどれだけこなしたかが重要でしょう。資格はアクセサリー程度の意味しか持たないはずです。
これに対して、税理士業務は、税理士試験に合格しない限り行うことができません。
税理士試験は暗記偏重という批判もありますが
体系的に知識を習得するのに効率的な仕組みだとも言えます。
嫌になるほど理論暗記して税法を合格するころになって初めて法律の何たるかが分かり始めます。

税理士になるためには
 (1)税理士試験に合格すること
 (2)2年以上実務経験をしっかりつむこと
の両方が求められるのです。
両立はかなり大変です。

私は個人的には
税理士試験はスピードと記憶力が要求されて若い時期が圧倒的に有利なこと
受験は長丁場なので結果が出ていないとモチベーションが続かないこと
税法を受験して初めて、自分に税理士試験の適性があるか分かることを考えて
家庭環境が許すなら、2年くらい受験に専念して2〜3科目程度合格してからの就職を勧めます。

経済的な事情等で受験に専念できないなら
(1)零細〜中小で残業が少ない会計事務所を探して正社員になるか
 (勉強が進んでいない人を正社員でとるので
  業務レベルが高い事務所は多くはないでしょう)
(2)中堅会計事務所のアルバイトになる方法も考えられます。
  ちなみに経理派遣には、私は大反対です

=============
税理士法人TOTALでは、女性で仕事と家庭の両立を目指す方は簿記3級でOKですが
税理士を目指す方を正社員で採用する場合は、合格してなくてもいいですが税法の受験経験は求めています
(勤務中の大学院進学もOKなので中堅会計事務所にしては基準が少し甘いはずです)。

未受験や受験経験が浅い方用には、受験中心の「受験スタッフ」という制度も設けています。
=============

一流の税理士になるには楽なバイパスはありません。
けいすけ様がどういう道を選ぶかは置かれた環境や考え方しだいでしょう。

税理士・公認会計士の受験開始時期

税理士事務所 求人・採用情報の
税理士法人TOTAL 高橋寿克です。

ご質問はここをクリック

カズ様からのお問合せです。
■年齢:42歳 
■性別:男性
■資格:MBA(海外)マーケティング専攻
    TOEIC 855点
    今年初受験(財表)2月から勉強開始
■職歴:外資系消費財メーカー営業、マーケティング、
   外資系コンサルティングファーム、CRMコンサルタント等
■学歴:海外MBAマーケティング修了
    明治大学 農学部卒
■会計事務所経験: なし
■居住地 東京
■その他、特殊事情:
妻はフルタイムで働いており、子供もおりませんので3年ぐらいは受験に専念できます。
昨年8月に勤めていた会社が、民事再生法の適用を申請
これまでの営業・マーケティングの経験とMBA(マーケティング専攻)の知識を生かして経営支援のできる中小企業向けのコンサルタント税理士を目指しています。

Q、
財務諸表論の受験経験とこれまでの経歴で、アルバイトとして雇ってくれる事務所はありますか?
例えば外資系のクライアントを持っている事務所などはいかがでしょうか?
40歳以上未経験でも正社員として雇っていただける可能性はありますか?
雇っていただくには何科目合格する必要があるでしょうか?

専門学校の方はMBA(マーケティング)を持っているので税理士の資格との親和性は高く(中小企業診断士のように)40代でも就職は可能ですと言われましたが、客観性に欠けるので客観的なご意見をお願いいたします。

A、
カズ様、これから書くことは、客観的事実というよりは、あくまでも私の主観的意見表明に過ぎないし、議論にもなじまないことをご了承ください(全体的に辛口です)。

カズ様の英語&マーケッティング能力、華やかでうらやましいです。
(私は英語が大の苦手で、大昔? 新婚旅行で英語のせいで初の夫婦げんかをしました)
おそらく、得意のマーケティング能力が、この選択の危険性を伝えてくれているのでしょう。

財務諸表論の受験経験とカズ様の経歴でアルバイトとして雇用する会計事務所はあまりないと思います。アルバイトは入力補助等が中心になるので頭の良い人より、素直で使いやすい人が優先するので、若い人、女性との比較で不利でしょう。
外資系のクライアントを持っている事務所は比較的大きいところが多いので、2〜3科目合格者クラスが中心になります。
また、40代未経験では中堅以上の事務所は期待薄ですが、零細事務所や営業要員を募集している事務所なら薄給でもよければ正社員の可能性はゼロではないでしょう。状況から、育てるというよりは営業要員・担当者として、すぐに結果を求められるでしょう。

税理士の特徴は、税法合格(特に法人税)が思っているよりも難しく受験期間が働きながらだと長引くこと、専門職なので一人前になるために通常で5年程度かかることです。税理士法人TOTALはこれを2〜3年でできるよう努力していますが、20代の方は2年でも可能ですが、40代半ばの未経験者は有資格者・4科目合格者でも仕事を覚えるのに結構苦労しています。

極論すると、これまでの経験から、税理士試験受験開始時期はできれば30代前半までが望ましいと考えています。個人差もあるので早慶クラスの頭脳なら30代半ばでも間に合うこともあるでしょう。また、税理士法人TOTALは勤務しながら大学院進学も認めているのですが、その場合はリスクが減るので2年くらい遅くても何とかなります。

なお、公認会計士試験については、今から受験する方はできれば在学中に、遅くても25歳までに勉強を始めないと危険だと考えています。このあと、合格者増の影響で就職難になること、論文合格者の3/4が20代で合格していることから、30代での合格では職歴や学歴に見るべきものがないと厳しいでしょう。

税理士試験も実務も、合理的にキレで勝負するというよりは、鍛えて体で覚えるというスタイルです(鍛えきった後のスピードはかなりすばらしいですが)。
頭脳に自信があって25歳以上35歳くらいまで、そうでなければ33歳くらいまでが税理士に転じる目安と考えます。
ちなみに私は25歳で税理士試験に転じました。

それぞれの仕事にはある程度、旬な時期、適齢期があると思います。資格取得はゴールではなくスタートに過ぎません。

あえてどうしても税理士にこだわるなら
(1)今年、財務諸表論合格、来年簿記論と法人税又は消費税合格、そのまま働きながら夜間・週末大学院に行って46歳で税理士登録

(2)3年間人生をかけて勉強し、官報合格し、薄給でも修行だと思って2年間辛抱し、すぐに独立して、マーケティング能力や営業センスを生かして、専門家としてというよりは経営者として成功する
というパターンが考えられます。
余裕がなさ過ぎる計画でリスクが取れていないことはお分かりいただけるでしょう。

それよりは税理士にこだわらず、マーケティングの専門家・コンサルタントとして成功する方が簡単でしょう。

カズ様の経歴や能力はすばらしいと思います。
男は40歳を過ぎたら、これまでしてきたことを生かして、より社会に貢献できる道を進むべきではないでしょうか。

※なお、ご質問はここをクリック

また、このサイトもありがたいことに皆様のご質問をいただき、事例が増えてきました。
ご質問の前に、同様な質問が無いかご確認いただけると幸いです。
「過去の質問」はこちら

20代前半女性の会計事務所・税理士事務所への就職

税理士 高橋寿克です。

ai様からのお問合せです。
■年齢:21才
■性別:女性
■資格:簿記2級(税理士受験資格なし、1級勉強中)
■職歴:派遣社員や契約社員2年(接客や受付事務)
    正社員歴1年(受付・秘書)
■学歴:高卒
■会計事務所経験:なし
■居住地 都市圏 
■その他、特殊事情 9月に通信制の短期大学卒業予定

Q1.
就職活動を一時断念して、簿記1級や科目合格をしてから再開するべきか→資格取得までにかかる歳月を考えると経済的に非常に厳しいです…
若しくは会計(税理士)事務所への拘りを捨てて、一般企業や派遣社員として経験年数を積むか

Q2.
通信制大学3年次に編入しつつ勤務したいと今のところ考えておりますが、一般的な会計事務所側からの視点として、そういった人間は倦厭されがちなんでしょうか?

Q3.
ご経営者様としての客観的な視点から、私のような学歴・スキルの人間が会計事務所や税理士事務所から内定をいただくには、書類審査の段階でどの程度のスキルや経験を示せれば良いですか。

A1.
一般企業での勤務経験がないので、会計事務所に関係する点以外は、抽象的、一般的な回答になる点はご容赦ください。
簿記1級は一般企業(メーカー等)の経理では評価されますが、会計事務所ではあまり評価されません。商業簿記は2級で足りるからです。もちろん、税理士の受験資格のひとつにはなっています(短大の法律学又は経済学に属する科目でも受験資格です)。
派遣社員、契約社員を繰り返すのは職務経験上マイナスな印象を受けます。
特に税理士資格取得に強烈な思いがなく、かつ、一定以上の会社に「正社員」で入社できるなら、必ずしも会計事務所に拘るよりも21歳の方なら一般企業の方がビジネスマナーを身につけられて良いと思います。会計事務所は中堅以上でないと(中堅以上でも)教育システムは不十分です。
自分にぴったり合った仕事はおそらくないでしょう。自分を仕事に合わせた方が仕事が楽しくなります。ちょっとつらくても5年くらい同じところで働けば仕事の良い面、悪い面、自分が出来ることも見えてくるでしょう。

女性の場合は、社内で経理・総務に転じることもあるでしょう。また、30歳前後で、会計事務所に転職して仕事と家庭の両立を図ることも難しくはありません。この場合、1つの会社に正社員としてきちんと勤めていたという実績は高評価です。

A2.
残念ながら本業に関係のない学課なら大幅なマイナス評価でしょう。会社は学校ではありません。あなたの仕事の対価として給与を支払うのです。アルバイトや派遣ならともかく、正社員に本業に関係のない大学で学問をしてもらいたいとは思わないでしょう。特に転職直後は新しい職場で、人間関係に気を使いながら仕事も一生懸命覚えなければなりません。
面接の段階ではまだ、未確定ならあえて言う必要もないと思いますし、仕事が落ち着いて数年後にどうしても学業が気になるならその時点で仕事の状況を勘案して編入の判断をすればいいと思います。

A3.
|羞税理士法人の外回り要員なら税理士試験2〜3科目合格くらいです。
この場合、履歴書の見た目を少しぐらい良くしても書類審査はほとんど通らないでしょう。
⇔躡抻務所はもとより、中堅税理士法人でも記帳代行・総務・庶務要員やアルバイトなら、21歳の女性にスキルや経験はほとんど要求しません。簿記2級で足ります。判断するのは、人柄(素直か、組織に適応できるか、ストレス耐性はあるかなど)、熱意(ただし、押し付けがましいと逆効果です)、潜在能力などです。採用側はたくさんの履歴書の中から経験を元に選別しますので、嘘や小手先の技術は通用しません。履歴書を見ただけで、性格や書類作成能力など、かなりたくさんの情報がわかります。気は十分に使った上で、今の自分を受け入れてくれる事務所を探しましょう。

私自身は、20代前半は、過去を振り返りながら、色々な後悔をしつつ(ああすればもっと良かったのではないか等)、悩み続けました。
今はもう、振り返る余裕はありません。前に向かって選び取っていくだけです。

悩むだけ悩んで、より良い選択を!

Profile
自己紹介
税理士

高橋寿克

東京・横浜・千葉・埼玉の総合士業グループ(税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士)
TOTALグループ
総合サイト


お問い合わせ

会社設立・借入相談から相続・事業承継、医師・医療法人まで
起業家・資産家支援のサービス業として、
あなたと共に歩み、
あなたと共に成長したい


「日本一良い総合士業事務所」
を目指しています。

■ 東京本部(秋葉原駅)
TEL 03-5577-5065
■ 新宿本部(新宿三丁目駅)
TEL 03-6380-0839
■ 横浜本部(横浜駅)
TEL 045-900-9031
■ さいたま本部(大宮駅)
TEL 048-606-9040
■ 立川本部(立川駅)
TEL 042-508-9008
■ 西東京本部(田無駅)
TEL 042-464-8390
■ 船橋駅前本部(船橋駅)
TEL 047-770-9000
■ 船橋塚田本部(塚田駅)
TEL 047-438-3001


税理士、司法書士、公認会計士、社会保険労務士、行政書士
スタッフ大募集中
TOTALの求人情報については
詳しくは当社HPで
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

最新コメント
twitter
記事検索
最新トラックバック